ブンゴ最新158話ネタバレ・感想「諸星の洞察力」

ブンゴ ネタバレ 158
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年9月13日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新158話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は上本牧戦の投手下川が野田を三振に討ち取ったことで投手戦の空気が漂ってきました。

やはり因縁の上本牧は一筋縄ではいかない模様です。

文吾は圧倒的に勝つと言っていましたが、野球は点を取らなきゃ勝てません。

果たして静央ナインは点を取ることが出来るのか!?試合のキーマンは一体誰?

それでは早速、2018年9月13日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新158話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

兄との比較

幼い頃は兄が大好きだったが、いつの頃からか自分と比べられるようになってからそうではなくなっていました。

──呪いだ。この呪いを解く方法は唯一つしかない!!兄より優れていると証明するしか…!! ──

下川は袴田に続き、真琴も三振にうち取ります。

前日の試合とは異なり、変化球中心の配球をしてくる井草に、袴田は前の試合で抑えたことが煙幕として使われていたのだと解釈しました。

次に続く文吾は右中間へと抜けるヒット!

そのまま2塁を狙いましたが、田無がセカンドへレーザービーム返球、文吾は急いでファーストへ走ります。

 

諸星のお願い

続く4番バッターは野田です。

マウンドに集合した上本牧の選手たちは、勝負したいと言い張る下川を無視します。

諸星は一生のお願いだと、井草と下川に頼み込みます。

「全責任は俺がとる。確かめて欲しい事がある」と。

 

諸星の予感的中

下川の初球は内角へ喰い込むシンカーで、野田は見送り、ワンストライク!

二球目スライダーを捕らえたのですが、右にそれてファウル、ツーストライク!!

飛距離を見て戸惑った井草ですが、諸星は自らの予感を信じていました。

この予感通りにいけば…この試合の優位性が高まる!!と。

諸星は野田の調子が悪いことに前の試合ですでに気付いていました。

中でも、特に引っかかる反応をしたコースがある。もし追い込んだら投げてみてくれ。ど真ん中に直球を…!!

チャンスボールだ!と一喜する袴田ですが、真琴は文吾が前日から調子良くないんだろ?と野田に聞いていたことを思い出します。

下川のど真ん中直球…野田はそのまま見逃し三振ストライク。

予感的中で諸星は喜びました。

きししっ確定だ!静央最大の攻撃力を持ち、精神的支柱でもある野田は不調だ。

静央打線はほとんど機能不全になったようなもんだ…!!と。

 

感想

やっぱり野田は不調のようですね。

諸星の言う通り、これだと静央の攻撃力はガタ落ちですからね。

この試合は投手戦の予感がします。

文吾はエースの貫録を見せつけるのか!?あるいは野田が4番の意地を見せるのか?あるいは他の誰かが試合のキーマンとなるのか!?

どの展開もありそうですね!


スポンサーリンク



158話『ふりだし』

怪物「諸星要」

上本牧の怪物、諸星要の立ち振る舞いはトップアスリート特有の美しさを持っていました。

その美しさから繰り出される、最大効率化したバッティングからは強力な出力を生み出していました。

文吾の初球を諸星は撃ち返し、その打球はライトフェンス直撃のファウルとなりました。

その諸星の姿はかつて戦った神本牧の怪物、立花の姿を彷彿とさせました。

「凄え・・・!!」

思わず文吾はそう呟きます。

文吾と諸星の第一打席の対決は、7球目まで投げてまたしてもファウル。

捕手の袴田は諸星が何かを囁いていることに気が付きます。

 

諸星の洞察

追い込んでる状況で

なぜ投げて来ねえ・・・クソが・

投げる時の異常な胸の張りに起因しているのか?負担がかかりそうなフォームだからな

球数制限がありそうだな

ど真ん中直球には・!!

諸星は袴田に目線を送りながら言います。

8球目は諸星が捕らえたボールはフェンスを越えるかに思われたものの、間瀬がフェンス間際でキャッチしセンターフライに打ち取ります。

袴田はやはり諸星は恐ろしい選手だと再確認します。

バッティングの技術もさることながら、たった一打席でど真ん中直球のフォームと特性を見抜いた洞察力を持っていたからです。

確かに諸星の見立ては当たっている。

ど真ん中直球は切り札中の切り札であり、身体の負担を考えれば投げないでいいならそれに越したことはありません。

それに、文吾はど真ん中直球がなくとも一級品の投手でした。

この回はスリーアウトに切って落とします。

 

間瀬、この試合のキーマンとなるか!?

2回裏の静央の攻撃前、間瀬は尾野の特製ドリンクを飲みながらある懸念を口にします。

それは序盤からトップギアの文吾のピッチングが後半でへばるんじゃないかという懸念です。

そして船木と小谷野、尾野に伝える。

この試合はおそらく下位打線がカギになると。

間瀬も野田の不調を見抜いていました。

どうやら・・・・

今日の4番は少し頼りないからネ

本当にやれやれだヨ

文吾、野田らと同様にこの試合のキーマンとなりそうな男、間瀬が行く!!

関連記事:ブンゴ最新159話ネタバレ・感想「野田の不調の原因が判明」

漫画『ブンゴ』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

158話の感想

文吾のど真ん中直球の性質、あっさり見破られてしまいました。

袴田ェ…前号からお前の予定狂いっぱなしですね

そして、野田が不調な状況で鍵を握りそうな男、間瀬。

はたして、宣言通り下位打線の活躍がカギになるのでしょうか?

でも最後の最後でやっぱり野田が持っていくんじゃないかと思います。


スポンサーリンク



158話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ ネタバレ 136

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

まとめ

2018年9月13日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新158話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

やっぱり上本牧戦は投手戦となりそうな予感がしますね。

はたして間瀬の言う通り、下位打線が鍵になるのか!?

静央の下位打線組の活躍にも注目です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ ネタバレ 166

ブンゴ最新166話ネタバレ・感想「砂川が盗塁成功」

ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「尾野が瑛太の改善点を指摘」

ブンゴ ネタバレ 178

ブンゴ最新178話ネタバレ・感想「家長の野望」

ブンゴ ネタバレ 169話

ブンゴ最新169話ネタバレ・感想「監督の野田への気持ち」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ最新170話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新170話ネタバレ・感想「野田のバッティング結果」