覆面系ノイズネタバレ最新99話「ユズのアリスへの歌」

覆面系ノイズ ネタバレ 99
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年10月5日発売の花とゆめ掲載漫画『覆面系ノイズ』最新99話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回はモモの願いがかない、ニノがモモの曲を歌ってくれましたね!!

これから二人はどうなっていくのかも気になりますね!

そして前回ラストの文章もかっこよかったですね!

「僕らの中で⼀番に光を掴んだのは、僕の⼀⽣の友達でただ⼀⼈のライバル榊」

自分の人生でこんな事言ったことありませんが、一度は言って見たかったですね。(笑)

それでは早速、2018年10月5日発売の花とゆめ掲載漫画『覆面系ノイズ』最新99話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 収録開始

スタジオで、録⾳中に普段あまり褒めないモモが、北条と深桜を褒めていたのを見て、アリスが来ることで浮かれていると二人は感じていました。

ずっとニノの声に抱きしめられていた。

だからいつか俺もニノを抱きしめたかった。

俺の⾳で付き合ってた時必ず⼿を繋いで、星の数ほどキスをした。

でも⼀度も抱きしめたことはなかったんだ。

⼆ノ達は、ユズなしでログホライズンにいます。

出演を祝い乾杯をしています。

緊張で寝不足のモモは、⽉果に考えてることを⾔い当てられてしまいます。

モモは、⾃分の曲をニノが歌っている事が、夢じゃないかと確かめています。

録⾳が無事に終了し、⼆⼈とも楽しかったと偶然にも言葉が重なりました。

⿊猫もイノハリも⼀番⼤きなステージに⽴てる。

杠の曲がなければ今⽇はなかった。

 

ニノへの想い

俺もニノもここまで⾶べなかった。

最初から勝負はついていた。

混じりけなくそう思える。

7年間離れてていろいろなことあって、いろんなこと考えてたけど全部吹き⾶んだ。

とニノが⾔います。

モモはなんか、全部どうでもいいと感じ、ニノを抱きしめます。

ただ、ただ好きだ。

君だった。

僕らの中で⼀番に光を掴んだのは、僕の⼀⽣の友達でただ⼀⼈のライバル榊君だった。

 

感想

モモ喜びが伝わってくるシーンが印象的で、見ている方も嬉しくなりました。

他のみんなもそれぞれ喜んでいて、ほっこりする素敵な展開でした。


スポンサーリンク



99話『補講王の帰還』

5時間の頑張り

スタジオで5時間ぶっ通しで練習しているイノハリメンバー。

イノハリの曲を⼀切歌わず、ギター練習のみをしていたニノは、suisuiのゲストのレコーディングに⾏きます。

ガールレスの曲も聞けないユズでした。

いいのよ。

もうスピーカーで⾳楽聴いてもそうだった。

なんかつい癖で。

⾼校の課題も⼤事だけど、楽器だって置いていいし、弾いてもいいんだからね。

⾳楽OKになっても、ニノからの詞も読めずに、なかなかタイミングがつかめないと感じているユズです。

 

居酒屋でパーティー

⽉果の要望で居酒屋でパーティーをします。

⼆⼈で暮らすのも籍⼊れるのも1年後です。

理由は、桃が卒業するまで待つ為です。

「ユズとニノが遅いな、補講王には会えていない」

と⾔っているとき、

「誰が補講王だよ。」

「た、ただいま・・・その・・・いろいろ迷惑かけてごめん。」

「補講王おかえり!!」

と⼤声で出迎えます。

補講が忙しく、まだ桃の曲を聴いていないと⾔うと

「まあそりゃあ聞くの怖いよな!

これからずっと俺の曲を望んだらと思うと。」

「あーはいはい戻るよ、王国に。」

ゆずはヤナに挨拶して帰っていきます。

「補講王まだいる︖」

⼊れ違いでニノがやってきました。

「残念、もう学校。」

「えっと・・深桜これ。」

「翠と珠莉のサイン。」

「ありがと〜!!」

あの⽇抱きしめるだけで精⼀杯で、何も⾔えなかった。

でも、初めて何も怖くないと思えた。

「怖いか。」

「ほんと痛いとこつくな、あいつ。アリスは⾃由だとかあんな⼤⼝叩いといて、アリスが書いた歌詞も読めてない。」

⿊猫の曲はおろかガルレスの曲も聞けてない。

読んで聞いたら終わる、聞いたその先で恋も歌も⼿にした。

 

アリスの想い

無敵のアリスが、榊に思いを告げに⾏きます。

家に着くと、⺟親がオペラ歌⼿だった⽗親の曲を流していました。

それを聞いたこのタイミングと、ニノの歌詞を⾒て⿊猫の曲も聴きます。

学校でユズがイノハリの、新曲サインを弾き語りで歌っていました。

「サインの歌詞読んだけどさ、この声で会おう、この⾳で会おうって、これひたすら僕に会いたいって歌詞じゃん。」

「その通りよ。

だって全然会えないから、補講王国から永遠に帰ってこないかと。」

「はーこれでまた歌える。」

「私はユズがいない間、ユズの曲歌えなかったの。

ユズの曲だけはどうしても歌いたくなかったの。」

「それって僕の曲は歌う気無いってこと︖

ゲストの曲が全部よすぎたから、だからもう僕の曲はいらないんじゃないかって。

正直、⼆度と聞きたくないくらい良かったから。」

ニノは力が抜けてその場に座り込みます。

「そんなそんなわけないじゃない、次にユズの曲を歌うのはイノハリを再開する時って決めてたからよ。

呼んでもらった曲たちどれも楽しかったし、これからも求められる限りいろんなところで歌い続けたいって思った。

でも、それは帰る⾳があるからゆずの⾳があるからよ。

どこへ⾏ってもどれだけ⾼く⾶んでない。

私の声がユズだけのものなのだから。」

ユズがニノにキスの妄想︖

絶対叶わない夢なんだけどさ。

泣いているユズ。

僕は気づいていなかった。

涙の本当の意味を。

ただ今まで⽣きてきて⼀番嬉しかった。

⾒つけた僕の声。

関連記事:覆面系ノイズネタバレ最新100話「イノハリ再始動!」

 

99話の感想

今度はユズとニノの信頼関係を改めて確認させられました!

ユズの涙が流れるほどの嬉しさが伝わってきて、とても嬉しくなりましたね!!

そして心も温かくなりましたね♪


スポンサーリンク



99話の読者の感想・考察

 

漫画『覆面系ノイズ』最新刊を今すぐ読むには?

覆面系ノイズ 最新刊 17

漫画『覆面系ノイズ』最新刊17巻を今すぐ読むならTSUTAYA DICASがオススメです!

TSUTAYA DICASを利用するメリットとしては、

  • 1冊あたりのレンタル料金の最安値は97円~
  • 取り扱いコミック数は21,000作品で38万冊ある
  • 年会費は無料で利用する時だけ支払い
  • パソコンで予約し自宅に配達される
  • 返却も電話一本で集荷に来てくれる
  • 実際に本が届くので紙の本好きにオススメ

何にせよ、現在30日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

このキャンペーンもいつまで実施しているのか分からないため、是非お早めに利用してみて下さいね!

>>公式サイトはこちら<<

 

実際に利用している人の声・口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

覆面系ノイズ ネタバレ 99話 まとめ

2018年10月5日発売の花とゆめ掲載漫画『覆面系ノイズ』最新99話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

ニノがユズの曲をとても大切にしている姿が描かれていました。

ユズの幸せそうな姿を見ていると、嬉しくなってきましたね!!

次回の展開がどうなるか楽しみすぎて、待ちきれません!!

最後までご覧いただき有難うございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

覆面系ノイズ ネタバレ 104

覆面系ノイズネタバレ最新104話「最終回の結末」

覆面系ノイズ 最新刊 18巻 発売日

覆面系ノイズ最新刊18巻発売日いつ?単行本値段はいくら?

覆面系ノイズネタバレ最新97話「ハルヨシの合格発表」

覆面系ノイズネタバレ最新97話「ハルヨシの合格発表」

覆面系ノイズネタバレ最新102話「」

覆面系ノイズネタバレ最新102話「イノハリが新曲演奏」

覆面系ノイズネタバレ 101

覆面系ノイズネタバレ最新101話「イノハリのフェス開幕」

覆面系ノイズネタバレ最新103話「モモとニノのキス」

覆面系ノイズネタバレ最新103話「モモとニノのキス」