魔法使いの嫁ネタバレ最新51話「サイモンの悪霊」

ancientmagusbride-netabare-51
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年10月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新51話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

チセとエアリスの束の間の休息に癒されつつも、ガブリエッラの呼び出しにより緊張感の走った前回。

チセは、ルツとステラとの帰宅途中に霧に包まれ皆とはぐれてしまいました。

また、サイモンは監査に訪れた少年にエアリスの監視役には相応しくないとし、監視役を外せと教会に申告すると告げられるのであった。

そこで今回は、2018年10月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新51話のネタバレ・感想をお届けしていきます。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

教会にて一人クッキーを作っていたサイモンのもとへガブリエッラが姿を見せた。

すると、教会に来客のベルが鳴りサイモンが玄関へ向かうと、彼に会いに来た一人の少年の姿があった…。

晴れ渡る空の下、チセは木陰でルツと共に横になっていた。

そこへエリアスがやって来て目を覚ましたが、その身体は疲れ切っていた。

二人はお互い学校でのことを語り合っていたが、エリアスが君みたいに寝転がってみたいと言い出し、エリアスはチセの好意により膝枕された。

仲睦まじい二人だがそこへシルキーが姿を見せ、彼女がカボチャを収穫していることに気付く。

ルツもカボチャが大好きで喜ぶ中、去年は地下にいた事、戻ってきたら冬だったことを思い出し、思わず遠い目をしてしまうチセ。

しかし、膝枕をしているエリアスはいつの間にか眠っており、シルキーに頼み束の間の休息を続けるのだった。

目覚めたエリアスと共に皆でカボチャを収穫し、セはエリアスにハロウィンについての決まり事や神という存在についての話を聞きく。

そんな中、突如ガブリエッラが急いだ様子で姿を見せ、エリアスに10年続いた平穏の危機が来たと告げ、早めに私らの住処まで来いと言い残し去ていった。

疑問に思う二人だったがそこへチセを探しに来たステラが姿を見せた。

エアリスは、チセに家に帰るようにと伝え教会へは自分が言ってくると告げた。

チセは”平穏の危機”が何なのか気になったが、ステラと共に家へと向かった。

皆で家に向かっていたステラだが、いつの間にか辺りには霧が立ち込めチセ達の姿が見えない事に気き焦りだす。

そんな中、彼女の目の前には灰の目が姿を見せた。

一方、サイモンのもとへやって来た少年は、サイモンが書いた報告書を見てここへやって来たと言う。

少年の言葉を否定するサイモンだが、今年の2月例の竜暴走事件の際にそこで彼を見たとの報告があったことを知り、内心で思わず目をそらした瞬間。

少年の後ろにはガブリエッラの姿が…。

少年の首を押さえたガブリエッラは、あんまりいじめてやるなと告げる中、エリアスがノックと共に中へと入ってきのでサイモンは頭を抱えていた。

少年は”これ”が訪ねてくるぐらいの親交はあると見受けられますが?と問う。

そして、あなたをエリアス・エインズワースの監視役から外せと教会に申告すると告げるのであった…。


スポンサーリンク



51話『サイモン捕まる』

 

捕らえられたサイモン

監査に訪れた少年からエリアスの監視役から外すよう告げられたサイモン。

監査役の少年はとにかく彼は一度本部へ連れ帰るとし、サイモンに手錠をする。

命令を遂行していないのは、あなただと懐から何かとりだしサイモンは狐のような怪物にとらえられた。

だが、背後から襲い掛かってきたガブリエッラ。

少年は辛くもその一撃を躱し、あなたの任はこの男に従うことではないはずと告げる。

次の瞬間ガブリエッラは、少年から吸血するため首に噛み付くと、少年はガクンと膝を落とした。

ガブリエッラは、自分を縛るかのような視線を感じ、少年に「お前の目は我々を縛る目だな」と告げるが、その目もガブリエッラには通用しない。

「少年の首を掴みながら私はヒトであり鉄と乳香に怯え、墓土を寝床に彷徨う”人でなし”どもなんかじゃあな」いと告げる。

主の危機に狐の怪物は雄叫びをあげ、捕えていたサイモンを離しガブリエッラへと襲い掛かる。

その牙が彼女に触れようとした直前にエリアスによって抑えられ、抜け出そうとしていた狐の怪物だが、叫び声をあげ少年の目の前に転がる竹筒に入り少年もまた意識を喪った。

 

ヴィットリオかグアルティエロの差し金?

エリアスは、サイモンから手錠を外してくれと頼まれる。

少年を持ち上げたガブリエッラから、記憶をいじれるかと頼まれ、自分を呼んだのはこのためだと気づいた。

少年をソファーに寝かせ、これはなんだとサイモンに問うが、一応監査という名目なんだけどとイマイチはっきりしない返答。

教会は最近他宗教組織に変化しつつあり、ヴィットリオかグアルティエロの差し金ではないかと語る。

その二人は昔から発言力があり”羊飼い”と呼ばれるもので、よくある派閥争いだろうと。

エリアスはこの十年僕の事を監視すると言ったのに、まるで知ってる人間にするように接してきたのは何故かを問う。

サイモンは笑いながら、私には自分以上に憎くて殺してやりたいものが無いと告げた。

私の喉を気にしてくれた君を嫌う理由なんてないのだと話し、唐突に”ジンクスを信じるか?と問いかける。

 

サイモンの過去

祖母はお菓子作りの名人で、その日俺は、刑務所に服役している母の為に祖母から教わったクッキーを焼いた。

イングランドで産まれたけれど母はイタリア人で、父と離婚してイタリアに戻った母は麻薬に溺れ、今となってはどういう経緯があったのかわからない。

息子からのプレゼントに喜んだ母は喜び、また一緒に暮らすまでおばあちゃんを頼んだと言われた。

二日後、祖母は買い物の帰りに飲酒運転の車に轢かれて他界。

その二日後母が階段から落ち他界したと連絡をうけ、刑務官が君が渡したクッキーを嬉しそうに食べていたと教えてくれた。

その後、叔母夫婦に引き取られ16の夏、姪にせがまれアイスクリームを一緒に作り、姪が他界した。

18の秋、クッキーを作り叔母夫婦が強盗にやられた。

俺の周りには誰もいなくなり、死神が憑いていると言われ、すさんだ日常を送っていたが、菖蒲みたいに鮮やかで明るかった彼女に出会う。

彼女と一緒にいる俺も明るくなった気がし、結婚も考えていた。

そんな彼女にこれまでのことを話し、例え食べても私は絶対に死なないと言われ、彼女にせがまれ祖母の形見のレシピでパンナコッタを作った。

それを食べた彼女に一週間は自分から離れないようにと話し、送り迎えもし一週間後に彼女は職場で倒れそのまま息を引き取った。

雨が降る中、墓の前でカミソリを手に自殺しようとしていた俺はアロンザという女性に出会う。

アロンザに自殺を止められ、ツンと指で額を突かれた瞬間彼女の背後に巨大な怪物が視えるようになった。

困惑するサイモンにアロンザは君の異常を私の”鳩”から報告としてうけとったと話し、君はジンクスというものを知っているかと問いかけた。

彼女は大抵は迷信が多いと語るが、時々君のように特定の行動で呪いのような状況をばらまく者がおり、君は場合は”作った菓子を振舞う”というものであったと告げる。

サイモンが絶望に暮れる中、アロンザは生まれついての異常のせいであり誓って君本人の罪ではないと話した。

そんなに詫びたいのなら死んで終わりなんて簡単な罰より、もっと苦しく悩みの尽きぬ生を過ごした方が罰としてふさわしいと語る。

その後アロンザに神学校に入れられ勉強し資格をとったサイモンは、上司である彼女から言われエリアスの監視になった。

 

一緒にいられる尊さ

話の途中でエリアスはサイモンがチセと同じような目をしていることに気付く。

何かを思い出し、何も言わない時の目。

言わない自由があるのだとしてサイモンは、秘密を打ち明けることがいい事とは限らないと話す。

互いが一緒にいられる関係は尊いものであり、かつての私は失敗したのだと悲しい表情を浮かべた。

エリアスは僕には、わからないところが”わからない”のだと語る。

事実を聞いて判断できる時もあれば身体が先に動くこともあり、それが自分の感情なのかそれとも別の”誰か”のものなのかわからず、ざわざわしてチセを困らせてしまうと。

サイモンは、それでも私は君のそういう淡々としたところが好きだと語る。

私やあの子はそんな君に救われており、その上で君は感覚的かもしれないが理性的でもあり話も通じる事、同じ言葉を喋っているのに話が通じないこともあると語った。

君は話し方や考え方を誰かに習ったのかという問いに、エリアスは意識して真似しようとした人はいると話す。

 

霧の中のチセ

霧の中に迷い込んだチセはルツと共に状況を確認。

潮の匂いを感じ自分が海の上にいることに気づき辺りを見渡すと、島のようなものの上に建つ家と赤い旗がある。

”霧”と”海”と”島”というキーワードから何かを感じるチセだが、ステラの姿がないことに気づき名を必死に呼びかけていた。

気づくと島の端にある岩場に腰掛け、海に足を浸している女性を見つけた。

相手は、こちらに気付いているらしく声をかけられた。

その女性は自らをラハブと名乗り、楽し気に笑みを浮かべるのであった。

関連記事:魔法使いの嫁ネタバレ最新52話「人ならぬものとの契約」

 

51話の感想

今まで明かされていなかったサイモンの過去や教会内部の事が明かされましたね。

サイモンの過去は、悲劇以外の何者でもないといえますが、普段の雰囲気から彼の過去が、あんなに辛いものとは思いませんでした。

でも、だからこそ彼は優しいのかもしれませんね。


スポンサーリンク



51話の読者の感想・考察

 

漫画『魔法使いの嫁』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

魔法使いの嫁 最新刊 10巻

漫画『魔法使いの嫁』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

まとめ

今回は、2018年10月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新51話のネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたか?

少年との戦いでのガブリエッラは、吸血鬼と呼ばれ否定していましたが、何者なのか疑問が残りましたね。

でも一番気になったのが、監視役の少年。

管狐のような使い魔を持っていたようですが、管狐と言えば日本古来から伝わるもの。

となると、あの少年は日本に関わりがあるのかもしれませんね!

また、チセのことも気になりますし次回もどんな展開になるか楽しみですね!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

魔法使いの嫁ネタバレ最新58話「」

魔法使いの嫁ネタバレ最新58話「書紡ぎ蜘蛛の悲劇の真相」

魔法使いの嫁ネタバレ最新57話「」

魔法使いの嫁ネタバレ最新57話「レンフレッドが腕を失った理由」

魔法使いの嫁 ネタバレ・感想 最新52話

魔法使いの嫁ネタバレ最新52話「人ならぬものとの契約」

魔法使いの嫁 ネタバレ 最新53話

魔法使いの嫁ネタバレ最新53話「学校への近道」

魔法使いの嫁 ネタバレ 最新56話

魔法使いの嫁ネタバレ最新56話「フィロメラの専門分野」

魔法使いの嫁 ネタバレ 54

魔法使いの嫁ネタバレ最新54話「レンフレッドの本心」