ブンゴ最新162話ネタバレ・感想「文吾の投球力」

ブンゴ ネタバレ 162
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新162話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は袴田の活躍により、上本牧打線を翻弄し、しっかり2アウトを取りましたね!

ただ、ファーボールで出塁させてしまった状態で、4番諸星が登場しました!!

袴田の力を借りながらしっかり抑えることが出来るのか、それとも・・・・・

最新162話ぜひチェックしてみてください!!

それでは早速、2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新162話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

予想外の配球

4回表ワンアウト、ランナー無し。

上本牧打席には田無が立ちます。

初球から田無は、パワフルスイングします。

初球はファウル、2球目は外角低めストライクゾーンぎりぎりを狙うも田無には見破られていました。

「そこストライクなんだろ? もう分かってるよ」

鋭い当たりで一塁線を破るも判定はファウルです。

余裕の田無でしたが、文吾は続く3球目を内角へと投げ、田無を三振に抑えました。

一気に内角を攻められた田無は予想外の配球に言葉を失い袴田から目が離せません。

田無に見つめられてると気づいた時の袴田の「あ?」がいい感じです。

 

静央の頭脳、袴田浩

続くバッターは井草です。

ストレートとカーブでフルカウントまでもつれ込みます。

袴田のサインに文吾は首を横にふります。

井草はそれを見て、捕手として速球派のピッチャーが首を振ってから投げたがるのはストレートだろうと直感します。

しかし、井草の予想外に文吾の球は目の前から消えるカーブでした。

全く反応出来ずだったが運良くボールの判定となり、井草は1塁へ走ります。

井草は一塁へ向かいながら、あのサインは首を振れというサインだったのでは思い返します。

そしてこれまでの砂川、田無への配球も振り返り袴田たちの凄さを実感しました。

『鮎川瑛太と石浜文吾という、強力左腕2人の手綱を握る静央の頭脳、袴田浩か・・・』

井草といえど上本牧に褒められると嬉しいです。

あとスカウトの近藤さんまでも「思ってたよりもずっといい捕手ですね 袴田君は・・・!」と袴田を評価します。

 

変わる話し方

マウンド上で文吾と袴田は話しています。

「1人の走者も出さねーんじゃなかったのか?」

「・・・すみません」

「課題がまだまだ山積みだあ」

「はい・・・」

なぜか敬語で話しています。

続いて2人が迎えるバッターは4番諸星でした。

 

感想

相手の想定を上回る袴田の策士っぷりがとても出ていてすごいかっこよかったですね!!

出塁させてしまっただけで、文吾に喝を入れる意識の高さにも驚かされました。


スポンサーリンク



162話『天賦の才』

究極のピッチング

4回表 ツーアウト ランナー一塁で、バッターボックスには諸星。

袴田は、文吾が目指すべき理想の投手像とは何かずっと考えていました。

きっと答えは、自分の想像できることでは全くなくて、きっと未知の領域で、ただ、毎日研磨を積み重ねている文吾ならきっとたどり着けるだろうと信じていました。

その時までは俺の知る限りの投球術をフル活用する!!

お前の球が活きるように最大限の事をするよ!!

願わくば中学の内に・・・

この手であって欲しい・・・!!

最初に”究極の投球”を受けるのはー!!

文吾の初球は今日最速です。

諸星は振り遅れてワンストライク!

袴田の想い、アツいです!

文吾は究極のピッチングに辿り着くことができるのでしょうか?!

 

諸星の想い

諸星は、バッターボックスに立ち、周囲から立花や野田と比べられて、自分が嫌になっていた時期を思い出していました。

くそ・・・野球をする上でこんなこと・・・

認めたくなんかなかった!!

俺は

天才じゃない

諸星は、足を高く上げず、最小限の動きで当てる事に徹するフォームを追求し、その末に、ボールのどこを叩けばどういう打球が飛ぶのかを理解できるようになりました。

皮肉なもんだな

天才を諦めた事で逆に

自分の天賦の才に気付くとは・・・!!

2球目を諸星はライトポール際へと運び、ホームランかと思われましたが、ギリギリファウルでした。

盛り上がるベンチと観客席

「石浜は今日最速を投げ諸星は今日最長飛距離を叩き出す!!」

「勝負所と判断したか・・・両者ともリミッターを完全解除!!」

関連記事:ブンゴ最新163話ネタバレ・感想「スロースターターの文吾」

漫画『ブンゴ』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

162話の感想

ついに二人の対決が始まり、どちらも譲らない展開に緊張感が走りましたね。

打たれても、アウトになってもどっちでもおかしくない展開で早く次が見たい!

果たして次の1球は何でいくのでしょうか?!


スポンサーリンク



162話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ ネタバレ 136

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

まとめ

2018年10月18日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新162話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

とうとう二人の対決が始まりましたね!

袴田の頭脳と想いを力に変えて文吾が抑えるか、それとも諸星の努力がそれを打ち破るか!!

どちらにしても、次回の展開が気になりますね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ ネタバレ 158

ブンゴ最新158話ネタバレ・感想「諸星の洞察力」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ最新170話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新170話ネタバレ・感想「野田のバッティング結果」

ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「ブンゴにスカウトが殺到」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ最新174話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新174話ネタバレ・感想「袴田が新球種を披露」