炎炎ノ消防隊ネタバレ最新147話「灰島がヴァルカンへ出資」

fireforce netabare 147
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年10月17日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新147話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回146話では、黒野VSナタクが描かれていました。

黒野は、暴走したナタクを圧倒し、ナタクの気を静めて見せます。

そして、147話では、灰島に呼び出されたシンラたちの話になりそうですね。

灰島の社長が、第8消防隊にどんな話をするのか、楽しみですね!

それでは早速、2018年10月17日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新147話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

ナタクVS黒野

『巨大焔ビト』に吸収されたナタク。

暴走して、街を吹き飛ばそうとします。

カロンのおかげで、最大火力の攻撃は、月へ反射することができました。

が、まだナタクは暴走を続けたままです。

ここで立ち上がったのが、灰島の社員・黒野でした。

「失望したよ、ナタク」

黒野は、険しい顔つきで、『巨大焔ビト』の右腕を斬り落とします。

「そんなこと言わないで下さい」

腕を失い、ナタクは焦りました。

がむしゃらに黒野へ攻撃を繰り出します。

「僕はできる。僕は黒野さんに勝てる。それくらい、やってみせます」

しかし、黒野はそれらすべてを防ぎます。

いや、それ以上です。

ナタクが攻撃するたびに、足が、胴が、頭が、斬り刻まれていきます。

ついに、『巨大焔ビト』は身動きが取れなくなってしまいました。

 

相性のいい2人

動けなくなって尚、ナタクは戦おうとします。

「僕なら…、任せて…」

黒野は、泣きべそをかくナタクに、トドメの一撃を食らわせました。

『巨大焔ビト』を粉々にし、ナタクを乱暴に引っこ抜きます。

「放して! 僕はこんなものじゃない! もっとできます!」

尚も食い下がるナタク。

「駄目だ」

黒野はきっぱりと言いました。

この時のナタクの顔は、この世の終わりそのものでした。

しかし、これはナタクの早とちりです。

黒野は、ナタクのことを見限ったわけではありません。

むしろ、今のままでいてほしくて、そう言ったのです。

「もう、これ以上強くなるな。お前はまだ子供だろ。したい、なりたい。そういうことで、男は勝手に強くなってしまうものだ。何を焦る必要がある。俺がいたぶりたくなる、その弱さを大切にしろ。それは、とても貴重で儚いものだ」

ナタクは、戸惑いました。

今まで、ナタクにそんなことをいう大人はいませんでした。

過度な期待を向けられ、それに応えるばかりの人生だったのです。

なのに、黒野は、弱いままでいいと言います。

「僕は、弱くてもいいんですか?」

ナタクは、恐々問います。

「ああ」

黒野は頷きました。

「いたぶりたくなるくらいにな」

この光景を見て、白装束たちは、撤退します。

ナタクは、黒野の傍に置いておく方がいい、と判断したのです。

 

後日

こうして、灰島VS第8消防隊VS白装束の戦いは、終息しました。

子どもたちは、以前、灰島の保護下にあります。

当然、その中には、ナタクも含まれています。

シンラは、改めて自分の力不足を痛感しました。

しかし、落ち込んでばかりもいられません。

灰島から呼び出しがかかったのです。

 

感想

ナタクの守り人が、黒野になるなんて意外でした。

ヘンテコな2人ですが、良いコンビですね。

今後、ナタクがどんな風に成長するのか、楽しみです。


スポンサーリンク



147話『宣誓』

灰島社長の忠告

灰島に呼び出されたシンラ。

アキタル、リヒトと共に、社長室へ訪れます。

言うまでもなく、社長の要件は、灰島の社員と交戦した件でした。

「この国で、灰島を敵に回すと生きていけないよ」

社長は、真顔で脅しともとれる忠告をします。

物を見るような目。

おそらく、シンラたちを人間だと認識してはいないのでしょう。

リヒトの殺害命令だって、少しも心を痛めていないに違いありません。

ですが、白装束たちが怪しげな動きをしている今、第8消防隊にばかり構っていられないのも事実。

そこで、ある提案をします。

「灰島と協力して、伝道者を討とう。了承するなら、リヒトの殺害命令は考え直してもいい」

いい条件ですが、第8消防隊が助けたいのは、リヒトだけではありません。

「ナタク君の処遇は、どうなりますか?」、とシンラ。

「シンラ君が実験に協力すれば、児童施設での実験内容は改めよう。君とリヒトの出頭命令も、取り下げる」

 

シンラが発電機の燃料に!?

「アマテラスの中に人がはいっているのは知っているんですか?」

シンラは、きつい口調で問います。

そもそも、灰島からふっかけてきた喧嘩ですからね。

灰島のペースに乗ってやる必要は、まったくありません。

「ああ、もちろんだ」

灰島の社長は、頷きます。

「一人のアドラバーストで、アマテラスは動いている。だが、それがなんだね?一人の人間で、東京皇国という国が成り立っているのだ。我々は、第二のアマテラスを燃料として、アドラバーストを求めている。君一人の犠牲で、1500万人が救えるんだ。自分の命なんて安いもんだろう。まさか、自分の身が可愛いなんて言わんだろうね」

人間らしい感情が、一切合切とっぱらわれた正論。

シンラの答えは、

「捨てますよ」でした。

「俺の命で、みんなが救われるのなら」

力強く、そう言い切ります。

しかし、ここでアキタルが割って入りました。

「違うぞ、シンラ。消防官の命は安くない。生きていることで、1500万人以上の命を救うかもしれないんだ」

 

ヴァルカンに出資

「だから、俺がアマテラスを越える発電機を造ってやる!!」

勢いよく乱入してきたのは、ヴァルカンです。

「安心しろ、シンラ!俺は誰も犠牲にしない発電機を造る」

灰島の社員たちは、あわててヴァルカンをつまみ出そうとします。

が、ヴァルカンは、テコでも動きません。

灰島の社長もまた、ヴァルカンの言葉に耳を傾けました。

「生贄のいらない発電機を造ると言ったね?」

「ああ!」

ヴァルカンは断言します。

「俺の夢は世界の復興だ。そのためには、アマテラスを越えるものが必要だ」

少し考える、灰島の社長。

はじき出した答えは、

「灰島が支援しよう」でした。

灰島の社長自ら、一個人への出資。

異例の事態です。

後ろから見守っていたリヒトは、第8消防隊の悪運の強さに驚きを隠せません。

 

ダメな子・ナタク

ただし、この場合、ナタクの現状は変わりません。

今日も、アドラバーストの実権を行っています。

ですが、シンラが心配するほど、悲惨なことにはならないかもしれません。

今のナタクには、黒野がいます。

実際、シンラ達がこうして灰島の社長と話している間も、ナタクは笑って過ごしていました。

関連記事:炎炎ノ消防隊ネタバレ最新148話「アイリスの悩み」

漫画『炎炎ノ消防隊』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

147話の感想

灰島の社長の話に、納得してしまいました。

過酷な世界ですからね。

こういう非常な人が必要なんでしょうね。


スポンサーリンク



147話の読者の感想・考察

 

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

炎炎ノ消防隊 最新刊 15巻

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 147話 まとめ

2018年10月17日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新147話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、灰島の社長が、第8消防隊に出資をしてくれる話でした。

灰島の社長は、最初こそシンラを燃料にしようと考えていましたが、ヴァルカンの話を聞いて考えを変えたようです。

これで灰島編は決着がついたみたいなので、次回からは、新章ですね。

第8消防隊が、新たにできた灰島との繋がりをどこまで生かせるかが鍵を握るのかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

炎炎ノ消防隊 最新153話のネタバレ・感想

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新153話「マキが第8を脱退」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話「大隊長が紫煙騎士団を討伐」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 141

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新141話「焔ビトがナタクを吸収」

fireforce-netabare-146

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新146話「三つ巴の戦い終幕」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新149話

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新149話「アイリスの寄り道先とは」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 144

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新144話「ナタクの暴走」