ブンゴ最新165話ネタバレ・感想「野田の負傷」

ブンゴ ネタバレ 165
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年11月8日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新165話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回164話では、ブンゴに刺激されて下川が進化してきましたね。

変わらずに両チーム得点0のまま緊迫した試合が続いていましたね。

最新話ではまだまだこの状況が続くのか?!

それとも今回で試合が動くのでしょうか?!

それでは早速、2018年11月8日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新165話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

下川の戦略

下川は、野田相手に2球続けて直球でストライクをとります。

確かに・・・配球もそうだが・・・それよりもあんなに巨躯だったか・・・!?

これまでストレートは9割見せ玉だったのに、配球を変えてきたことに真琴や袴田は驚いています。

下川は、文吾の投球に触れて、自らの力が漲ってくるのを感じていました。

続く3球目は力が入りすぎてしまい、デッドボールになってしまいます。

間瀬をバッターボックスに迎えました。

間瀬は不調の野田にデッドボールを与えたのは致命的で、チャンスを活かそうとしましたが、下川のストレートをでゲッツーを取られてしまいました。

 

切れ味抜群の投球

ベンチに戻った間瀬はまるで別人だと下川を称賛しました。

「爆発的な球威の直球!! これにキレ味抜群の変化球を絡められたら・・・手がつけられなくなる・・・!!」

上本牧のメンバーも下川の成長をひしひしと感じていました。

兄以外(文吾)に目をむけはじめたことも気づきはじめました。

5回表上本牧の攻撃です。

バッターボックスには下川が立ちました。

ミットに突き刺さるような威力

永遠に伸びていくかのように美しい軌道

そこに込められる揺るぎない意志

文吾の投球をバッターボックスで感じています。

刻印などでは生温いな、今日ここで喰わせてもらう、石浜文吾を!!

その養分を糧に高く翔ぼう俺も!!

上本牧も!!

三振に終わった下川は決意したのでした。

 

感想

下川が文吾に触発されて、進化してましたね!!

下川が見せ玉ではなく、ストレートを多用してきているのは完全に文吾の影響ですね!

これは両チーム無得点パターンもあるのかも?!


スポンサーリンク



165話『お返し』

投手戦

俺の名は沼袋海。

7番打者ではあるが、80人以上の上本牧シニアでレギュラーは勝ち取った男だ。

5人の化物には及ばねーが小学校の時は隣町のチームのエースで4番。

神童なんて呼ばれたりもしていた・・・それなのにまるで雑魚のモブキャラみてえに・・・

ブンゴに三振で討ち取られました。

「ストレート3つであっさり三振!!」

「前の回から4人連続、5回表も上本牧シニアは無得点!!」

「許したランナーって四球の1人だけか・・・じゃあもしかしてノーヒットノーラン!?」

観客達が騒ぎ始めます。

(違う・・・最後の球は抜け気味だった、結果オーライの質の低い球・・・)

(吉見さんならこんなミスはしない、柿谷さんなら確実に打たれていた)

とブンゴは冷静に考えています。

【5回表静央高校の攻撃は7番ファースト船木君】

(ブンゴさんがこれだけ頑張ってるんだ・・・打者が応えないでどうする!!)

(どんな形でも構わない、出塁する事にだけ集中する!!)

(俺達がつないで上位打線に回れば絶対に得点できるはず)

と思う船木。

(とてつもない気迫・・・下位打線という意識は捨てる)

(油断すれば即死の危険な敵!!!)

ドスン!

ドスン!!

ドスン!!!

(その養分も頂く!!!)

船木を三振で討ち取りました。

「下川も前の回から4者連続三振でお返し!!」

「息詰まる投手戦は最終盤の6回へ突入ー!!!」

 

6回

ドスン!!

ドスン!!

攻守が代わり、今度はブンゴが三振で討ち取っていきます。

「6者連続!!!」

「上本牧6回表の攻撃も早くも2アウト!!」

「ますます冴え渡る石浜のピッチング!!」

(今度は引っかけぎみ・・・)とブンゴは反省しています。

【1番セカンド砂川君】

(俺達が6回2死までノーヒットか・・・だが決して屈辱感はねえ)

(最高級のお前を倒してこそ成立する・・・2年前のリベンジ!!)

と下川は思う。

カキン!

ブンゴのボールに当てた砂川!

「転がした!!!」「せやけど・・・打球は野田くんの正面や!!」

「ちッ」

(諦めるな・・・諦めるな!!)

 

野田の負傷か?

ズキ!!!

「・・・・!?」

野田がどこかに痛みを感じたのかこのボールをエラーしてしまいます。

「はじいたー!!!!」

「名手野田がまさかのエラー!!!」

「よーし!!!ナイスランシンタロー!!」

(この状況を作りたかった・・・出塁すれば俺は無敵だ!)と思う砂川。

(腕が緩んだ・・・・)とブンゴ。

「こうなると有利なのは上本牧なんだよね」

【勝負は紙一重ーーーーー・・・・・】

関連記事:ブンゴ最新166話ネタバレ・感想「砂川が盗塁成功」

漫画『ブンゴ』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

165話の感想

少しだけ試合が動きました!

砂川が出塁した事で、ブンゴのノーヒットノーランもなくなりました。

ランナーを背負ってしまった文吾は抑えることが出来るのでしょうか?!

野田の状況も心配ですね!


スポンサーリンク



165話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ ネタバレ 165

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ブンゴ ネタバレ 165話 まとめ

2018年11月8日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新165話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

とうとう野田のエラーによって文吾は出塁を許してしまいましたね。

そして、野田の怪我も心配ですね…。

出塁を許してしまった文吾は、無失点で抑えることが出来るのでしょうか?!

次回の展開が楽しみですね♪

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ ネタバレ 179

ブンゴ最新179話ネタバレ・感想「文吾のライバルの瑛太が登場」

ブンゴ最新181話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新181話ネタバレ・感想「河村の外角への対応力」

ブンゴ ネタバレ 160

ブンゴ最新160話ネタバレ・感想「袴田のフレーミング力」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ ネタバレ 161

ブンゴ最新161話ネタバレ・感想「静央との頭脳戦」

ブンゴ 最新刊 発売日

ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も