ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年11月22日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新167話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は、序盤では砂川の走塁の凄さが目立ちましたが、結局文吾に活躍を持ってかれてしまってましたね!!

ブンゴはこれ以上打たれない気がしてきました。

交代を告げられた野田はどうなるのでしょうか?!

それでは早速、2018年11月22日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新167話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

スピードスター砂川

砂川は、ブンゴのボールに当て出塁しました。

「上本牧にとっては最高の・・・」

「静央にとっては最悪のランナー、スピードスター砂川が出塁や!」

(ランナーは気にしすぎるなよ・・・)

(石浜は2年前とは違う・・・牽制もクイックも守備もできるようになっている)

(それに、左投げのお前なら1塁走者を目視しながら投球に入れる・・・砂川と言えぞ良いスタートは切れない!)

キャッチャーは悩みますが、そのすきに、砂川はいきなり盗塁を狙いました。

「いきなりいったーー!!!!!」

しかし、ここは静央バッテリーもしっかりと外しています。

(初球から・・・来ると思ってたぜ!)

2塁へボールを投げる・・・・も砂川は余裕があります。

「余裕でセーフ!??」

「どんな脚してんだよ!!!」

観客から歓声が上がります。

ブンゴが構えた瞬間、砂川は3塁へ走り出しました。

(ナメんな!!!!!)

キャッチャーが投げようとした瞬間にはもうサードへ到達しています。

(俺にとっては左相手なら2塁よりも3塁の方が簡単だ、投手の背後に回れるからな)

(息を吸いながら投球に入るやつは・・・息を吐き止めたら投球に入る合図だ)

(俺はこの技術と脚で散々決めてきた・・・名門バッテリーから盗塁をな!!)

と砂川は思っています。

 

ピンチからの脱出

「ツーアウトからランナーが3塁!!!」

「これで俄然上本牧優勢になったか・・・!?ヒットはもちろんエラーも許されない!」

「静央メンバーには大きな圧力がかかっとるはずや!!」

観客が騒ぐ中で、(あれ・・・この感じ、この状況・・・どこかで・・・ああ・・・そうだ・・紅白戦の7回・・・袴田に投げたあの感じ・・思い出した!)とブンゴは少しニヤリと笑いました。

ブンゴ、今までよりもゆったりした感じで投球に入ります。

(なんだ・・・これまでと・・違・・・・!!)

バッターが思った時にはもう既に、ボールはキャッチャーの元に消えていました。

「・・・・!!!!!」

「なに!!!!?」

(力感が全く無いのに・・・体感速度は一番速い!!何なんだコレは・・!?)

バッターは混乱しています。

「今日の・・・ベストピッチだ!!」

ブンゴ、見逃し三振でピンチから脱出しました。

会場は大盛り上がりです。

とはいえまだ静央も0点で、点を取るには打線の核である野田の復調が必須条件になります。

「ユキオ、お前ここで交替だ」

監督は野田の交替を指示しました。

【一瞬・・・時がとまる・・・】

 

感想

砂川の走塁凄かったです!

ブンゴも更に調子を上げてきて更に盛り上がってきました!

ただ、やはり野田は交代になってしまうのでしょうか?!


スポンサーリンク



167話『親子の対立』

 親子対立

監督は野田に交代を言い渡しました。

「この回打席が回ってきたら 代打を出す。 米村準備しておけよ!」

野田と米村は驚きました。

監督が続けて指示をだしていると、納得のいかない野田が割り込み

「有り得ねーぞクソオヤジ・・・!!」

 

不調の原因

野田は、上本牧のビデオを見終わった帰りに文吾から不調を指摘された日のことを思い出しています。

文吾は野田の調子が悪い事を伝えると、私生活では弱点というか変な所を結構見るけど、野球では弱点を見たことがなかったから嬉しいと微笑みました。

お前は2年も待ってくれた・・・!

今度は俺が待つ・・・!

お前が復活するまで勝ち続けながら待つよ・・・!

野田は、調子が悪いのは、文吾のど真ん中直球なのに、なんて鈍感な奴だと感じていました。

初めての経験だぜ・・

間違いなく自分によりも優れた才能との邂逅・・・!!

石浜が登るのは最高峰じゃない!

まだ誰も踏み入れた事のない未踏の頂き・・・!!

野田は、文吾と対等に渡り合うには未踏の打撃を目指さないといけない。

そのために今までの経験や練習で積んできたものを、ゼロにする発想が必要かも知れないと考えてから打席に立つのが怖くなってしまいました。

不調なんて生優しいものじゃない

2度と元のオレには戻れないかもしれない

足りないのは技術か 覚悟か 器か その全てか・・・どれでもないのか・・・

 

ブンゴの言葉

野田は、監督に自分がホームランを打って勝つ流れだと訴えて、交代を考え直すように直訴します。

しかし監督は、冷静に

「本当はホッとしてるんじゃないのか?」

そして、バッティング内容が悪いのとデッドボールで左腕を痛めているからだと言い、松丸に病院へ連れて行くように頼みました。

全員が交代で仕方がないと思っていた時、文吾が口を開きました。

スイングできないくらい・・・ひどいの?

野田の気持ちを知りたい・・・

本当に交代する事が最高の選択なの・・・?

俺は・・・スイングができるなら野田が打つべきだと思う!

野田は文吾をイカれてると感じましたが、未踏には正常な思考じゃ辿り着けないだろうと思い、監督と松丸を説得しました。

「病院はもうちょい後だ・・・遅くはないでしょ・・・俺が・・・この手で決着をつけてからでも・・・!!」

関連記事:ブンゴ最新168話ネタバレ・感想「野田の4番としての責任」

 

167話の感想

野田の反論はするも、少し尻込みしてた気持ちを文吾が叩いてくれましたね!

素敵な関係です!!

これは野田は絶対に乗り越えないといけない展開になってきました!!


スポンサーリンク



167話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ ネタバレ 165

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ブンゴ ネタバレ 167話 まとめ

2018年11月22日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新167話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

野田の強い決意で交代はなくなりそうですね!!

ブンゴの言葉、背中が野田を更に上のステージに引き上げてくれそうですね!!

次回では野田の活躍が見れるでしょうか?!

最後までご覧いただき有難うございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ ネタバレ 162

ブンゴ最新162話ネタバレ・感想「文吾の投球力」

ブンゴ ネタバレ 179

ブンゴ最新179話ネタバレ・感想「文吾のライバルの瑛太が登場」

ブンゴ ネタバレ 136

ブンゴ最新136話ネタバレ・感想「柿谷の過去の秘密」

ブンゴ ネタバレ 165

ブンゴ最新165話ネタバレ・感想「野田の負傷」

ブンゴ最新171話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新171話ネタバレ・感想「文吾の爆発的成長」

ブンゴ ネタバレ 177話

ブンゴ最新177話ネタバレ・感想「河村と家長の場外戦」