炎炎ノ消防隊ネタバレ最新151話「アサシンの初恋の相手」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新151話「アサシンの初恋の相手」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年11月21日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新151話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回150話では、アイリスが信仰心を取り戻す話でしたね。

聖陽教が嘘っぱちの宗教であっても、自分が人々のヒマワリになればいい、と気づいたのです。

そして、最新151話では、伝道師たちが動き出します。

血の炎弾アサシンが何を企んでいるのか、気になりますね!

それでは早速、2018年11月21日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新151話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

聖陽教の神

聖陽教は、伝道師が造り上げた宗教でした。

この事実は、消防隊を大きく動揺させました。

協会への足が遠のく消防隊員が続出する中で、シスター・アイリスは迷います。

本当にアイリスの『祈り』には、人を救う力があるのでしょうか?

だって、人を苦しめるのを目的とした、伝道師が造った宗教ですよ?

聖陽教の神だって、人を苦しめたいと思っている可能性のほうが高いのではないでしょうか?

今だって、そうです。

アイリスの目の前で、信仰深い司祭様が『焔ビト』になってしまいました。

毎日、神のために祈りを捧げているのに、神に慈悲はないのでしょうか?

「炎炎ノ炎ニ帰せ!」

シンラは、アイリスたちを守るように立ちはだかり、『焔ビト』を鎮魂します。

 

アイリスはヒマワリ

「シスターは、ヒマワリです」

迷えるアイリスに、シンラはそう告げました。

シンラは…、いや、シンラだけではありません。

消防隊員は、活動をしながら、いつも苦しんでいます。

鎮魂といえば聞こえはいいですが、消防隊員がやっていることは、人殺しです。

シンラは、たった今、司祭様を殺したのです。

司祭様を炎の苦しみから救うには、殺すしかない。

分かっていても、シンラは、苦しいのです。

この先、どれだけ経験を積んでも、この苦しみに慣れることはないでしょう。

慣れてはいけないのです。

「俺たち消防隊には、シスターが必要です。だから、前を向いて下さい」

アイリスは、思わず涙を流しました。

「ありがとうございます。すごく、嬉しいです」

 

アイリスとシンラの絆

アイリスの『祈り』に、迷いがなくなりました。

人々のヒマワリになるために、心を込めて鎮魂します。

「今度また悩んだら、一番にシンラさんへ相談しますね」

協会からの帰り道。

アイリスは、シンラに微笑みます。

時には、人に頼ることも大切だ、と気づいたようですね。

「はい! 喜んで!」

シンラもまた嬉しそうに微笑み返しました。

 

伝道師に新たな動き

数々の苦難を乗り越えて、絆が深まった第8消防隊。

彼らに、黒い影が迫っています。

伝道師です。

なんでも、修行を終えた『血の炎弾アサシン』が、第8消防隊を壊滅すべく動き始めたのだとか…。

シンラ達は、この危機を乗り越えることができるのでしょうか?

 

感想

アイリスとの仲が深まった所で、伝道師が動き出しましたね。

どうやって、第8消防隊を潰すつもりなのでしょうか?

今回もまた、上手く乗り越えられるといいですね。


スポンサーリンク



151話『男』

血の炎弾アサシンの修行

151話は、ギャグ回です。

修行を積んだ血の炎弾アサシンが動き出すのですが…、

その修行内容というのが『エロ本を読みまくること』でした。

というのも、アサシンはタマキの『ラッキースケベられ』が大の苦手なのです。

無垢な見た目とは裏腹な、セクシーすぎるあの存在。

第8消防隊を潰したければ、まずはタマキを仕留めなくてはいけません。

そこで、エロ本です。

AVもたくさん観ました。

これで、ちょっとやそっとのことでは動揺しないはずです。

アサシンは、女体を克服した…、かに思えました。

しかし、いざタマキのパンツが見えてしまうと、駄目でした。

下着のシワ、こんもりとした肉感。

やはり、エロ本とナマは違います。

 

素人の恥じらいは最強

そこで、アサシンは、さらなる修行を積みました。

前回は、紙や映像で、女性を分かった気になったのが問題だったのです。

やはり、生の女性を克服しなければ、意味がありません。

そこで、アサシンはキャバクラに通い始めます。

ダイナマイト級のオッパイを搭載した女性との会話。

最初は気が進みませんでした。

が、挑戦してみると、意外と簡単なのです。

会話が弾む弾む。

「俺は女の扱いが天才なのかもしれない!」

自信を持って、タマキへ挑みます。

が、またも撃沈。

全裸になったタマキの、「み、見るなぁ」にやられたのです。

やはり、プロと素人は違います。

 

惚れたほうが負け

強い、強すぎる…。

アサシンは、頭を抱えました。

ここまでの強敵には、未だかつて出会ったことがありません。

さらなる修行を積んで、再びタマキに挑んではみますが、正直、勝てる気がしません。

「何度やろうが、この戦いに俺の勝利はないだろう」

いつしか、アサシンは、そんな確信を持っていました。

結局、惚れたほうが負け。

好きな相手を思い通りにすることなど、できやしないのです。

「今回で、最後だ」

アサシンは、覚悟を決めてタマキと対峙します。

「いざ――」

関連記事:炎炎ノ消防隊ネタバレ最新152話「タキギが地下実験施設を発見」

漫画『炎炎ノ消防隊』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

151話の感想

笑ってしまいました。

好きな女性を倒さなければならないなんて…。

辛い立場ですね。

笑ってしまいましたけど。


スポンサーリンク



151話の読者の感想・考察

 

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

炎炎ノ消防隊 最新刊 15巻

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 151話 まとめ

2018年11月21日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新151話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、血の炎弾アサシンがどのような修行をしたかが描かれていました。

アサシンは、タマキへの恋心を克服すべく、鍛錬を重ねてきたようです。

次回では、タマキVSアサシンが見られそうですね。

はたして、タマキはアサシンをどう思っているのでしょうか? 気になります!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 140

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新140話「マキと人形遣いが共闘」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 141

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新141話「焔ビトがナタクを吸収」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 150

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新150話「司祭が焔ビトに」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話「大隊長が紫煙騎士団を討伐」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 166

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新166話「マキが第8消防隊へ再転属」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 158

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新158話「ジャガーノートが騎士団に勝利」