炎炎ノ消防隊ネタバレ最新153話「マキが第8を脱退」

炎炎ノ消防隊 最新153話のネタバレ・感想
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新153話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回152話では、マキの家族を紹介しました。

屈強なマキの家族は、マキ以上に強者ぞろいでした。

そして、その強者であるマキの兄・タキギが、地下で人体実験をしていたと思われる隠し施設を発見します。

はたして、最新153話では、この施設の謎が判明するのでしょうか? 楽しみですね。

それでは早速、2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新153話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【炎炎ノ消防隊】最新刊15巻発売日いつ?表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

マキのスーパー家族

突然ですが、マキの家族を紹介します。

まずは、父・尾瀬暖郎。

東京皇国軍、統合治安作戦部の大将です。

熊のような厳つい風貌のとおり、とても厳しい人です。

ただし、娘にはゲロ甘。

マキが危険な第8消防隊にいるのも気に喰わないようです。

まあ、家でまで厳格な大将やっていたら、大変ですからね。

このくらい砕けているのが丁度いいのかもしれません。

そんな重責を負った父を支えるのが、母の尾瀬まどかです。

普段はとてもおっとりしています。

が、怒ると怖いんです。

個性が強すぎる尾瀬一家を、一喝しただけで鎮めることができます。

そんな母に厳しく育てられたのが、マキとその兄・尾瀬滝義(タキギ)です。

東京皇国軍、刑事課をやっています。

お堅い仕事ですが、彼女の前ではデレデレ。

父親の血を強く受け継いでいるようですね。

 

地下の話題

家族そろっての夕食。

タキギは、マキに地下の話題を切り出しました。

炎炎ノ消防隊の世界では、地下へ行くとこが禁じられています。

尾瀬家でも、地下に入ったことがあるのは、マキだけです。

それも、仕事の都合でやむを得ず入りました。

「マキは以前、地下へ行ったと言っていたな。

実は、通報があったんだ。

行方不明者が続出している地域があって、

そこら一帯で、今度は地下から異臭がするって」

どうやら、タキギは、この通報を受けて地下へ入らなくてはならなくなったようです。

しかし、タキギは怖くてマキに探りを入れているわけではありません。

地下に入るような仕事に就いているマキのことが、心配なのです。

「伝導者に関することは、軍にも流れてきてるぞ。

大丈夫なのか?」

「第8消防隊は強いよ!」

マキは、力強く笑います。

「大隊長、中隊長はもちろんだけど、新人も粒ぞろいで、世界一優秀な機関員もいるし」

しかし、やはり父は心配な様子。

疑り深い目を、マキに向けます。

 

兄タキギが地下へ

数日後。

ついに、マキの兄・タキギが地下へ入る日がやってきました。

タキギは、腹を括って地下への階段に足を踏み出します。

結論から言うと、地下には実験室がありました。

設備を見る限り、ここで人体実験をしていたようです。

実験の素材は、さらってきた一般市民でしょうか?

不気味ですね。

いったい、なにが目的だったのでしょう…。

 

感想

マキの家族は、マキが可愛くて仕方がないみたいです。

当然ですよね。

ムキムキでも、女の子ですから。


スポンサーリンク



153話『指令』

実験室で発見したもの

地下で、君の悪い実験施設を発見したタキギ。

懐中電灯で当たりを照らしながら、調査を続けます。

まず、見つけたのは『蟲』でした。

人間を強制的に『焔ビト』に変える、あの『蟲』です。

これで、この実験施設に伝導者が関わっているのは、確定しました。

しかし、驚くのはまだ早いのです。

さらに凄いものを発見してしまいました。

『焔ビト』の死体です。

しかも、コアが破壊されていないのに、絶命しています。

 

白装束が自爆

驚きの連続ですよね。

伝導者についての情報をまるで持っていないタキギは、戸惑うばかりです。

しかし、タキギには、頭を整理する時間すら与えられませんでした。

なんと、この実験施設、現在進行形で使われていたのです。

タキギたちは、物陰に隠れていた白装束を発見します。

しかし、何も聞き出せないまま自爆してしまいました。

おかげで、タキギは大けがを負ってしまいます。

 

マキが第8消防隊を脱退!?

タキギの父は、息子の無事を心から喜びました。

「これまで軍は、伝導者について蚊帳の外にされすぎている。島国を守る者として、これ以上のけ者にされている訳にはいかない!」

軍の大将である父はそう言って、第2消防隊に、地下の調査を依頼します。

そして、第8消防隊にいる娘・マキに、脱退するように命じます。

第8消防隊は、伝導者に目をつけられていますからね。

可愛い愛娘を、そんな危険な部署においておくわけにはいかない、ということでしょう。

『手元においておきたいから、軍に戻ってこい』

と、いう旨の手紙を、第8消防隊に送ります。

「断ることもできるが、どうする?」

秋樽は、マキの上司である火縄に問います。

マキは、残りたい、と強く主張しました。

が、火縄の出した答えは、マキの期待を裏切るものでした。

「マキ、軍に戻れ」

関連記事:炎炎ノ消防隊ネタバレ最新154話「第2との共同作戦」

漫画『炎炎ノ消防隊』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

153話の感想

優しいマキには、軍より第8のほうが合っている。

そう思ったから、火縄はマキを第8に誘ったんですよね。

なぜ、いまさら戻れなんて言うのでしょうか?

危ないから、という理由ではない気がします。


スポンサーリンク



153話の読者の感想・考察

 

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

炎炎ノ消防隊 最新刊 15巻

漫画『炎炎ノ消防隊』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 153話 まとめ

2018年12月5日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『炎炎ノ消防隊』最新153話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は、マキに第8消防隊の脱退命令が出ましたね。

断ることもできますが、マキはどんな答えをだすのでしょうか?

次回では、火縄の考えが明かされそうです。

火縄がどうしてマキを軍に戻したいのかがが鍵を握るのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 150

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新150話「司祭が焔ビトに」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新162話「大隊長が紫煙騎士団を討伐」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新167話「紺炉中隊長のアドラリンクの詳細」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新167話「紺炉中隊長のアドラリンクの詳細」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 140

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新140話「マキと人形遣いが共闘」

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 166

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新166話「マキが第8消防隊へ再転属」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新156話「」

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新156話「ハジキ中隊長の運命」