火ノ丸相撲ネタバレ最新224話「鬼丸VS草薙の勝敗」

火ノ丸相撲ネタバレ最新224話「鬼丸VS草薙の勝敗」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新224話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回223話では遂に鬼丸が怪我を本当に治ったかのごとく、鬼車を発動しました!

一瞬投げられたかのように見えた草薙でしたが、草薙もパワーアップしていたので鬼車では負けませんでしたね。

その後もさまざまなワザを火ノ丸は使っていき、草薙を追い込んでいきます。

いよいよこの224話で、鬼丸が草薙を倒し勝利を手にします!

それでは早速、2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新224話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【火ノ丸相撲】最新刊23巻発売日いつ?表紙の画像付きでご紹介


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

刃皇のつぶやき

鬼丸がまわしを切られました。

土俵際まで体が持って行かれます。

頭をつけて半身でなんとか持ちこたえました。

怪我をする前のように草薙と真剣に組み合うには手札があまりにもふそくしていました。

刃皇は言いました。

使えよ右下手を、ですが、鬼丸は怪我したときのあまりの衝撃で鬼車の打ち方をわからなくなっていたのです。

まさに典型的なイップスです。

 

鬼丸の怪我の様子

しかしながら、精神的なものが原因で以前の調子を取り戻せないでいました。

イップスは一人一人に合う直し方をみつけ何年もかけて向き合わなきゃならないものでした。

特に鬼丸のように生まれ持った才能や感覚でやってきヤツが一度失うと…。

鬼丸の正調右下手投げ鬼車が決まりした。

鬼丸の顔は火ノ丸だった学生時代の顔に戻っていました。

君を待っていたんだ、潮火ノ丸。

 

感想

高校時代の火ノ丸が戻ってきました。

このまま勝利に向かっていくのでしょうか。

腕の怪我も完全に治っているようで安心しました。

必殺技も決まってこのまま続けてほしいです。


スポンサーリンク



224話『鬼丸国綱と草薙剣、超越』

必殺の鬼車

投げられそうになっているほんの一瞬で、草薙は考えていました。

自分にとっての相撲というのは、義務であり、決して「楽しむ」というものではありませんでした。

楽しさを教えてくれたのは、紛れもなく目の前にいる火ノ丸です!

右下手投げ、鬼車

大太刀高校を悲願の日本一へと導いた決まり手です。

そしてその時草薙を倒した決まり手!

しかし、今の草薙はあの時の久世草介ではありません!

君を待っていた!!と草薙は気骨で右足を踏み下ろし、鬼車を凌ぎました。

どちらもあのインターハイよりレベルアップしているので当然です。

 

今の草薙

即座にに鬼丸は次の一手を決めにかかります!

鬼車の派生技「鬼嵐」!

下手にひねった後はさらに派生技!

鬼車と鬼嵐を組み合わせ、「百鬼薙」!

鬼丸の連続技が止まりません!

勝ちきるまで放ち続けようとする鬼丸。

草薙をぐらつかせ続けます!

多様な技で決めにかかる鬼丸でしたが、草薙が強く抵抗するため、なかなか決まりません。

草薙には覚悟がありました。

まだまだ自分は火ノ丸にすべてを伝えきれていない!

あるべき姿まで届いていないと思いました。

薫山の金星も、刃皇との最期の大一番も、全て違います!

 

開花期の大和国

草薙の敢闘精神が鬼丸に抵抗をかけます!

草薙の、まだまだ自分はこの先を諦めてはいないという想いは、ちゃんもと鬼丸に届いていました。

その道はただ横綱になると言うよりも非常に艱難な道となること。

孤立が付きまとうということ。

だからこそ、鬼丸は最後までトライします!

峻厳とした道を生きると決めた草薙の覚悟を感じるからこそ、それに自分の全力で、皆の想いを乗せた全力で応えるべきだと思いました。

ここで鬼丸が出したのがなんと、狩谷俊の必殺技、「龍尾刈り」です

観客席で見ていた狩谷は思わず涙がこみ上げて来ます。

ここで俺の技を使ってくれたのか…。

鬼丸は自身にすべてを乗せていました。

自分を追い詰めた技も、仲間たちと日々磨き続けた技も、持てるすべてを出し尽くして挑戦する姿にこそあります!

これが鬼丸にとっての横綱相撲、鬼丸相撲だ!

最後の必殺技!低い体勢から投げ飛ばします!

「百千夜叉墜(ひゃくせんやしゃおとし)」!

鬼丸と、鬼丸の周りにいるすべての人の想いを乗せて、ついに草薙を投げ飛ばし、鬼丸が打ち破りました!

狩谷俊は涙が止まりませんでしたが、その口元はにっこりしていました。

鬼丸は、仰向けになっている草薙に、手を差し出します。

そして、草薙の心の声が全部わかったかのごとく、なれよ、大和国に、と声をかけます。

元々火ノ丸自身が相撲を始めた動機も、大和国を投げたかったからというものでした。

草薙が大和国になってもらわなければ、自分の夢も叶わない!

希望に満ちた表情で草薙を見る鬼丸。草薙も手を取り、起き上がります。

その鬼丸の眼は完全に、復活した姿でした。

関連記事:火ノ丸相撲ネタバレ最新225話「横綱を目指す獅童と加納」

 

224話の感想

ドギマギしながら接戦過ぎてどっちが勝利を手にするのかと思っていましたが、やっぱり軍配は鬼丸に上がりました!

最初の心理状態からもう、鬼丸が勝つようなイメージはありました。

草薙はいろいろぐらくらしながらもなんとか耐えきり、それでも最終的には気迫と精神力、且つ鬼丸が背負っている仲間の想いに惜敗したような感じでした。

ただ、会いたかったあの時の火ノ丸を、今の鬼丸に感じることができたことがきっかけで草薙は何度か覚醒していたので、途中はやっぱり、どうなる!?の連続でしたよね。

IHの行く末を目指した本当にいい勝負でした!


スポンサーリンク



224話の読者の感想・考察

 

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

火ノ丸相撲 ネタバレ206

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

火ノ丸相撲 ネタバレ 224話 まとめ

2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新224話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

遂に白熱したライバル対決の雌雄が決しました。

この名勝負は後々語り継がれるかもしれませんね。

鬼丸対草薙!

過去の鬼丸と草薙の歴史の数々を振り返りながらも、さらに今後を見据えてもっともっと上に行こうとお互いに感じさせる、そんな取組でしたね!

これで、六日目が終わって鬼丸は4勝2敗!まだまだ安心はできませんから、ここからは全勝を目指してほしいですね。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火ノ丸相撲 ネタバレ 209

火ノ丸相撲ネタバレ最新209話「鬼丸VS大般若の勝敗」

火ノ丸相撲 最新刊 23巻 発売日

【火ノ丸相撲】最新刊23巻発売日いつ?表紙の画像付きでご紹介

火ノ丸相撲ネタバレ最新223話「鬼丸の怪我の様子」

火ノ丸相撲ネタバレ最新223話「鬼丸の怪我の様子」

火ノ丸相撲ネタバレ最新221話「」

火ノ丸相撲ネタバレ最新221話「大和国の必勝パターン」

火ノ丸相撲 ネタバレ 207

火ノ丸相撲ネタバレ最新207話「鬼丸国綱VS大般若長光」

火ノ丸相撲ネタバレ最新226話「加納彰平VS天王寺獅童の取組」