ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「ブンゴにスカウトが殺到」

ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年1月24日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新173話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回はとうとう上本牧との試合に決着がつきましたね!

結果、文吾のノーヒットノーランもあり完勝でした!

上本牧との試合で更に進化した文吾を止めることが出来るチームは現れるのでしょうか?!

最新回では試合後が描かれていますので文吾の発言や評価が気になります!

それでは早速、2019年1月24日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新173話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

可能性をつぶす

病院へと向かう車中で、野田は諸星と文吾の勝負について思い出していました。

そして野田が予想していた通り、諸星はど真ん中直球に対応し始めて、3球連続ファウルチップという結果を残していました。

諸星の粘る姿を見て盛り上がっている上本牧メンバーです。

みかねて袴田が文吾に近づき、もう10球目となったど真ん中直球を投げるのを変更して、変化球で十分打ち取れると指摘しました。

しかし、文吾は6回に奪った1点は皆で苦労し、野田が身体を張って手にした1点だから、上本牧に1%も可能性を感じさせてはいけないと反対します。

全球ど真ん中直球で勝負をするようです。

しかし野田は、文吾が諸星にミートされても全く心配していなく、むしろもうすぐ日本一のピッチャーへ登り詰めるだろうと思っていました。

 

ついに決着

文吾が第6球目を投げました!

もちろん、ど真ん中直球でしたが、これまでと違い一瞬ボールが消えたように思えました。

思わず声が漏れた米村、気がついた時にはボールはミットの中に偶然収まっていました。

諸星の全身全霊の一振りは空振りとなりました。

次に迎えるバッターは下川です。

あっさりストライクを取っていきます。

上本牧のメンバーは試合が決着したことを悟って、スタジアムを一足先に後にしてしまいました。

結果、文吾は投数89、四球1、失点0、奪三振16、被安打0でノーヒットノーランを達成することができました。

 

感想

文吾の強い想いがど真ん中直球を更に進化させましたね!

あっという間にアウトをとりノーヒットノーランを達成してしまいました!

上本牧も頑張りましたが、結果完敗でした!

文吾凄すぎです!!


スポンサーリンク



173話『スカウトが殺到』

無能

静央のいるグラウンドに荒深、西内、近藤の3人がやってきて、野田監督に挨拶しました。

松丸は幸雄の様子を尋ねられましたが、次の富士ヶ丘戦には問題ないと応えました。

監督室に入り、監督は松丸にたまたま幸雄は大事に至らなかったが、結果論にすぎない、吉見の異変も肋骨の怪我と気づけなかった自分は無能だと自分自身を責めています。

松丸は、監督は有能じゃないし無茶ばっか言うし、鈍いし、コーチ陣は困ってるけど、それは選手とチームの事を最優先に考えているからこそと監督をフォローします。

泣きそうな表情を見せた監督は、感謝するのかと思ったら何とコブラツイストしながら、無能と思ってんのかと照れ隠しをしました。

 

試合が終わり・・・

諸星はナイスピッチと文吾に握手を求めました。

文吾は謙遜しながら、勝てたのはたまたまで吉見や柿谷レベルに勝つなら全然足りないと反省していました。

胸を張れと言われた文吾でしたが、そんな気になれないと応じると、諸星は怒りました。

高校で必ず倒すと言います。

一部始終を聞いていたスカウト陣は文吾を規格外だと絶賛しました。

次の日、静央には文吾への特特オファーが50以上殺到していました。

文吾目当てのスカウトを目の前にして、瑛太は富士ヶ丘戦では文吾を上回る投球をして1番を奪い返すと誓いました。

関連記事:ブンゴ最新174話ネタバレ・感想「袴田が新球種を披露」

 

173話の感想

監督はやはりずっと気にしていたんですね!

今回の試合で監督自身も一皮むけたのかも知れませんね!

文吾は野球の事しか見えてなさ過ぎて諸星にとても失礼なこと言っちゃっていますね!

文吾らしいといえば文吾らしいですが・・・


スポンサーリンク



173話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ ネタバレ 165

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ブンゴ ネタバレ 172話 まとめ

2019年1月24日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新173話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

試合が終わり、文吾の活躍が多くのスカウト人の目に止まりましたね!

それを見ていた瑛太の闘志に火が付き、文吾のレベルまで成長してきそうな予感がします!

上本牧との試合でチーム全体が成長できたような気がします!

最新回も文吾たちの成長・活躍に期待しましょう!

次の試合が待ち遠しいです!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ最新168話ネタバレ・感想

ブンゴ最新168話ネタバレ・感想「野田の4番としての責任」

ブンゴ ネタバレ 136

ブンゴ最新136話ネタバレ・感想「柿谷の過去の秘密」

ブンゴ ネタバレ 178

ブンゴ最新178話ネタバレ・感想「家長の野望」

ブンゴ ネタバレ 160

ブンゴ最新160話ネタバレ・感想「袴田のフレーミング力」

ブンゴ ネタバレ 162

ブンゴ最新162話ネタバレ・感想「文吾の投球力」

ブンゴ最新171話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新171話ネタバレ・感想「文吾の爆発的成長」