火ノ丸相撲ネタバレ最新226話「加納彰平VS天王寺獅童の取組」

スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新226話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回225話ではずっと二番手だと思われ続けた元鳥取白楼高校の加納彰平そして天王寺に隠れ続けた高校生活で、本当は隠れたかったわけではありません。

天王寺の好敵手として存在したかったのでした。

ですが、思いも虚しく天王寺はどんどん先に進んでいきます。

天王寺に並ぶためには並大抵な努力では到底無理ですので、一番学ぶもののある横綱刃皇の元に入門しました。

それでは早速、2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新226話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【火ノ丸相撲】最新刊23巻発売日いつ?表紙の画像付きでご紹介


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

鬼丸の勝利

そして次の日です。

鳥取白桜高校の二本柱・天王寺獅童と加納章平そして天王寺は光。

加納はいつも天王寺にかくれていました。

九月場所七日目の朝、朝陽川部屋にて、横綱刃皇が引退の宣言をしてもスポーツ紙の紙面は鬼丸の大金星で埋められていました。

加納章平こと大包平の練習は刃皇が大概にしとけという言葉も聞かずいつも以上に真剣でした。

 

角界入の人物

1人は高3にして全日本相撲選手権大会を制覇したアマチュア横綱で国宝横綱「三日月」沙田美月(皆川部屋)です。

もう1人は全国学生相撲選手権大会の学生横綱の国宝大包平・加納章平(朝陽川部屋)でした。

入門当時、天王寺と加納はうまがあいませんでした。

天王寺は言いました。

どこ言っても2番手なんやなあ、お前はな。

その時、加納は悔しさに肩をすくめていました。

天王寺を超えない限り、俺の相撲人生はスタートしません。

 

ライバルを超えられない

超える努力をすることすらやめていました。

二番手に甘んじる自分自身の殻を破るために、あえて章平は刃皇にも挑発的にのぞんでいたのでした。

勝ってあの時喪失したものを取り戻すために俺は来た…!

殊更今は相撲を好きとは言いません。

天王寺獅童=西大関・童子切

東前頭二枚目の加納彰平=大包平の全勝どうしの対決です。

はやくも大包平は稽古では刃皇を圧倒するような力をつけていました。


スポンサーリンク



226話『童子切vs大包平』

加納彰平vs天王寺獅童

この二人が競争相手関係となったのは小学生のころまで時間を戻します。

当初は加納の方が強かったのです。

最初に小学横綱になったのは加納が小学三年で天王寺は小学六年でした。

中学に上がっても加納は中学二年天王寺は中学三年で横綱になったのです。

その中学の決勝の相手は加納で天王寺は加納を倒して横綱になったのでした!

周りの人間が二人を国宝と呼び期待するようになったのでした。

天王寺と加納の実力入れ替わるようになったのは・・・

そして高校二人は奇跡的にも鳥取白楼高校に入学します。

入学時高校全国4連覇中・・・

そこに中学時代に圧倒的な強さを誇った二人が入学しました。

 

大相撲の土俵

高校時代きずっと天王寺の後ろに後塵に拝してきました。

周りから二番手なんてもう誰にも呼ばれたくない決意をして土俵に臨みます。

 

両者が土俵に手を突いた瞬間

加納と天王寺が肩越しにがっちりとかみ合う形になりました。

天王寺はぶちかましでぶつかり合った加納を突きで持ち上げました。

上がった頭に向かって楽勝の張り手で攻撃していきます。

突きで顔が上がったため天王寺の廻しまで手が届きません。

対する天王寺は張り手で探りながらも左を差していきあっという間に加納を土俵際まで追い詰めます。

天王寺の右腕を自分の左で固めて攻めるよりも守備に徹して不利な体制を逃れようとします。

しかし、天王寺は加納のブロックを逃れ反対に加納の左腕をブロックしてしまいした。

天王寺は右に抱えた加納の左腕をそのまま小手投げの形に入り変形小手投げ、六ツ胴斬を放ちます。

投げられるギリギリで堪えた加納は右足で踏ん張り、天王寺の投げの力を散らばらせます。

そのまま小手投げに入っていた天王寺の右腕を下から持ち上げ今度は加納が投げの体勢になりました。

小手投げを強引に決めようとする天王寺小手投げを返すかのように投げようとする加納です。

土俵際・・・

同時に互いに吹っ飛ぶように土俵の外に投げ出されていきした。

関連記事:火ノ丸相撲ネタバレ最新227話「大包平の勝利」

 

226話の感想

ここにもライバル物語がありましたね。

ライバルがいると、いいですよね!切磋琢磨出来て。

やはりスポーツ漫画にはライバルは必要不可欠な存在ですね。

現実にはずーっと同じ人がライバルなんてそうそうないことだと思いますが、漫画は最初から最後までライバルのパターンがありますから、面白いですね!


スポンサーリンク



226話の読者の感想・考察

 

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

火ノ丸相撲 ネタバレ 226

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

火ノ丸相撲 ネタバレ 226話 まとめ

2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新226話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

見る限りでは本気で互角の取り組みですね。

視点によっては体重が乗ってる大包平のほうがやや有利にも見える様相です。

童子切の投げが勝つのか、大包平の逆襲が勝つのでしょうか。

互いにずっと好敵手関係として磨きあってきた2人なだけに、次話での決着に期待が高まってしまいます。

絶対に負けられないプライドとプライドの真剣勝負、互いの誇りが衝突します。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火ノ丸相撲 ネタバレ 225

火ノ丸相撲ネタバレ最新225話「横綱を目指す獅童と加納」

火ノ丸相撲ネタバレ最新219話

火ノ丸相撲ネタバレ最新219話「レイナに再プロポーズ」

火ノ丸相撲 ネタバレ 215

火ノ丸相撲ネタバレ最新215話「火ノ丸が金鎧山を越えるには」

火ノ丸相撲 最終回 ネタバレ 予想

『火ノ丸相撲』最終回の結末ネタバレ!未回収の伏線はどうなる?

火ノ丸相撲ネタバレ最新228話「」

火ノ丸相撲ネタバレ最新228話「刃皇VS冴ノ山の勝敗」

火ノ丸相撲ネタバレ最新233話

火ノ丸相撲ネタバレ最新233話「鬼丸VS大包平戦が開幕」