ワンピース931話ネタバレ感想「ステルスブラックの能力」

ワンピース 931話 ネタバレ 感想
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『one piece-ワンピース』最新931話のネタバレ確定・感想をご紹介していきます。

前回930話では、最後にサンジがあんなに嫌がっていたレイドスーツに手をかけていましたね。

どんな強さになるのか、どんな見た目になるのか楽しみです。

最新931話では、ついにサンジが変身して戦います!

それでは早速、2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『one piece-ワンピース』最新931話のネタバレ確定・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



931話までの要点まとめ

 

ビックマム到来の報告

一方その頃、鬼ヶ島では、カイドウがある報告を聞いていました。

それはビッグ・マムが、鯉を使って滝登りをし、ワノ国に上陸をしようとしているというものでした。

カイドウは何故”滝登り”の方法を知っているのかと激怒し、ビックマムの上陸をなんとか阻止しようと考えていたのです。

その頃当のビックマムは、ペロスペローやスムージー、ダイフクらを引き連れて、”クイーン・ママ・シャンテ”号に乗り、ルフィたちの様に鯉を使い、順調に海を進んできていました。

そして彼らが、滝の上に到着しようとした、その時です。

ビックマムたちの上に突如として現れたのは、炎を纏った恐竜のようなキングの姿でした。

 

突き落とされるビッグマム

百獣海賊団・大看板の火災のキングは、リュウリュウの実 古代種 モデル プテラノドンの能力者だったのです。

そんな彼は、”クイーン・ママ・シャンテ”号を滝から突き落とすことができました。

ワノ国への上陸を、いとも簡単に阻止してしまったのです。

キング様が突き落としました。

その様子を見ていたカイドウたちは、そんな声を上げて喜んでいました。

蹴落とされたビックマムは、ただ海に、静かに沈んでいきます。

 

サンジ用のレイドスーツ

そしてその頃、刺客を送られていたサンジは、身を隠すために逃走を考えていました。

しかし、ページワンが無関係な他のそば屋の荷台までもを次々に破壊し始めていたため、サンジの我慢は限界にきていました。

そんなサンジをローは必死に止めます。

しかし、聞かずに飛び出してしまったため、たとえ捕まってもミンク族や侍たちに関しては何も言うな、と念を押すことだけはしました。

そして、ついにページワンにサンジは蹴りを繰り出します。

しかし、ページワンはその巨体を直ぐに立て直し、サンジの蹴りを受けてもあまり効いていないようです。

そして、他の仲間に連絡を入れるページワンを見て、サンジは彼が恐竜の能力者だとわかると、あるものを取り出します。

それは、あのとき偶然手に入れていた、サンジ用のレイドスーツです。

彼はどうやら、それを着用する覚悟を決めたのでした。


スポンサーリンク



931話 ネタバレ『ステルス・ブラック誕生!』

ついに変身?

ページワンとサンジは対峙しました。

花の都の人間たちは、みんな本当にサンジが現れたことに驚きつつも、街が壊される前に戻ってきたことに安堵もしている様子で、サンジを横目に見ながら、必死に逃げています。

何する気だサン五郎と、フランキーがそうサンジに声をかけると、サンジはレイドスーツの缶を手でもてあそびながら、言うのでした。

「四皇」との戦いだと。

意地はって人を救えない、状況もあるかも知れない。

プライド捨てりゃ、救える命もあるかもしれない…。

そしてそう語ったサンジは、遂にレイドスーツを使うことを実行に移します。

回り出した缶から光のようなものが噴出し、あの音楽が鳴り出すなかで、サンジは言葉を続けました。

こんなものを身につけたくらいで、おれは「ジェルマ」にはならない。

試してやる!

すると、サンジの体は光の渦のようなものに包まれていきます。

そして脱がれた上着に、裸はちょっと…、と何も知らないウソップが心配する中、サンジの体の中心から光が渦巻き、彼はついに変身したのです。

屋敷の屋根に立ち、後ろに「3」の入った、マントをはためかせています。

それを見たフランキーとウソップは興奮が止まりません。

 

ステルス・ブラック?

一方で、ローだけは戸惑ったように叫んでいました。

No.3!“ステルス・ブラック”!

それを聞いたサンジが、ローがなぜそんなに詳しいのかツッコむと、ローは「北の海」出身の人間にとっては常識だと言い返しました。

しかしサンジは、その名で呼ばれるのが心底嫌な様子です。

そんなサンジに、ローは、自分は”正当な読者”だったから、ジェルマが嫌いだった、と伝えました。

おれもだよ!

それに、半ばキレ気味でサンジは返事を返しました。

そんな彼は、全身真っ黒なレイドスーツに身を包み、サングラスとスカーフ・イヤホン・マントなどの他の兄弟同様のアイテムを装着しています。

さらには髪形も、少しだけ右側が上に上がっていて、口元には黒のマスクを付けています。

確かに、一見すればサンジだとはわからないような姿ではあります。

そしてサンジは、「ステルス・ブラック」の名を嫌い、自らをこう名乗りました。

おそばマスク!と。

しかしそれは、仲間には大不評で、命名権を自分達によこせ、と抗議の声をかけていました。

そんななかでサンジは、踵についたターボを使い、すごい速度で加速しながら、屋根を降下していきます。

それに反応したページワンは、彼を捕まえようと屋根ごと齧るが、サンジの姿は既に消えていて、どこにも見当たりません。

どこにいったのかと見渡していると、突然ページワンの腹部に衝撃が起こりました。

思わず叫び声を上げるページワンに、どこにいったのか姿を消しました。

ウソップとフランキーは何事かわからず、ただ驚くことしかできませんでした。

 

レイドスーツの能力

だがひとり、ローだけは違い、彼はこの能力を知っていました。

”海の戦士・ソラ”に出てきた敵役・ジェルマ66。

そのなかのひとり”ステルス・ブラック”は姿を消す事が出来るやっかいな敵だったのです。

周りに溶け込み、完全に姿を消す事が可能なのです。

つまりサンジは”透明になれる”能力を持っていました。

その証拠に、一方的に押されるページワンだが、サンジの姿は一切見つけることができません。

そうして、それをローが解説しているときと同じころ、サンジもまた、自分のレイドスーツの能力を初めて知ったようでした。

そんな彼は、ずっと透明人間になることを夢見ていました。

幼いころからずっと、スケスケの実に憧れてきました。

しかし、アブロサムが”スケスケの実”の能力者だと知り、彼は絶望したのです。

その夢が、こんな形で叶うとは。

 

透明人間?!

しかし、今の彼はそこにばかり気を取られてはいられません。

起き上がったページワンが、人獣型の姿になっていたからです。

透明人間…?いよいよ怪しいな…てめェ一体どこのどいつだ?

そしてそう言ったページワンは、改めて鋭い爪を持った手で、攻撃を繰り出してきます。

サンジはそれを脚で受け止めたが、衝撃が強すぎて、屋敷を何個も破壊しながら、遥か遠くまで吹っ飛ばされてしまいました。

しかし、多少は痛くとも耐久性があるらしく、サンジはすぐに起き上がります。

それを遠くから見ていたページワンは、狂死郎に報告しなけばならない、と呟きました。

そしてサンジが一体何者であるかを、調べなければならないと続けました。

そんななかで、ローたちはサンジを置いて逃走をしていました。

そうしろと、サンジが言ったからです。

そんなサンジは、再びページワンめがけて、空から攻撃を仕掛けていました。

あとでフランキーやウソップたちに、このスーツのデザインを変えてもらおう、と戦いの最中に彼は呟きました。

そんな呑気なことを言いながらも、サンジはページワンに打ち込みます。

すごい音とページワンの悲鳴が響き渡る中で、ローたちはある場所に向かうことになりました。

向かう先は「えびす町」でした

 

ポーネグリフを探して

オロチ城では、変わらず宴会が行われていました。

そこから一人、抜け出す影があり、それはロビンでした。

彼女は、古く怪しいと思われる部屋に忍び込んでいたのです。

長い年月鎖国しているこの国は、おそらくポーネグリフを隠していて、そしてそれが、この部屋からつながっていると読んだロビンは、その手がかりを探していました。

しかし、”オロチお庭番衆”と呼ばれる、忍者部隊に囲まれてしまいます。

大きな体をもつものから、なまずに乗ったもの、さらには女性まで、様々な人物が総勢6人ほどいました。

ロビンはいつの間に囲まれたのかと慌てたが、こうなっては逃げ場がありません。

そしてそこへ、僧侶のような格好をした男が襖をあけて入ってきました。

お庭番衆の番長・”福ロクジュ”です。

言い訳を聞こう、ただし一回のみと言った福ロクジュに、ロビンは。

 

起き上がったビックマム

そのころ、チョッパー・モモの助・お菊・お玉の4人が、九里の浜で一緒に動いていました。

すると、海岸に謎の物体が打ち上げられていました。

近づいてみると、どうやら人間で、しかも女性のようでした。

訝し気な顔をするお玉とお菊を前に、この人物が、ビックマムであるとチョッパーは気付いてしまいます。

しかし、彼女が起きると殺されてしまうかもしれない、と考えたチョッパーは、慌てて逃げようと試みました。

だが周りでとにかく騒いでしまったため、逃げる間もなく、大きないびきとともに、ビックマムは目を覚ましてしまいました。

しかし、起き上がったビックマムは、どこか様子がおかしいのです。

ここはどこだ、と辺りを見回したかと思えば、ビックマムは、とぼけた顔でこう呟きました。

おれは誰だ?

関連記事:ワンピース932話ネタバレ感想「モモの助の妹は小紫」

 

読んでみた感想

先週は休載でしたので、楽しみにはしていましたが、いろいろと展開が動き驚きました。

ついに、覚悟を決めたサンジはレイドスーツ使用しますが、その能力が素晴らしいですね!!

欲しかったやつじゃないですか笑

やっぱり強いですし、最高です。

しかも、サンジが名前を言う前に知っていて、かなり詳しいローも笑えました♪


スポンサーリンク



漫画『ワンピース』最新931話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『ワンピース』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ワンピース 931話 ネタバレ 感想

漫画『ワンピース』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ワンピース 931話 ネタバレ 感想 まとめ

2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『one piece-ワンピース』最新931話のネタバレ確定・感想をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回は、ステルスブラックが誕生しましたね!かなり強そうですね!

最後にビックマムが記憶喪失になるという想像もしなかった展開もありましたね!

記憶がないなら医者としてチョッパーは助けないわけにもいかないですし、どうなるのか楽しみです。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース ネタバレ 918

ワンピース918話ネタバレ感想「スピードがルフィの仲間に?」

ワンピース925話ネタバレ感想「」

ワンピース925話ネタバレ感想「キングとクイーンが登場」

ワンピース ネタバレ 915

ワンピース915話ネタバレ感想「お菊が浦島を切る」

ワンピース933話ネタバレ感想「」

ワンピース933話ネタバレ感想「オロチはヘビヘビの実の能力者」

ワンピース ネタバレ 916

ワンピース916話ネタバレ感想「ルフィ対浦島の勝負の行方」

ワンピース936話ネタバレ感想「」

ワンピース936話ネタバレ感想「河松の依頼内容」