ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「尾野が瑛太の改善点を指摘」

ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年2月14日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新176話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は、富士ケ丘の戦力分析と、文吾が砂村と諸星に会いに行った回になりましたね!

富士ケ丘はまさしく強敵となりそうな戦力ですね!

やはり河村をどう抑えるかになりそうですが、ブレーンの皆浦もダークホースになりそうですね!

文吾も二人に会って勝たなければいけないという自覚と責任を感じる事ができました。

瑛太の練習姿が最後にありましたが、最新回では瑛太がメインとなるのでしょうか?!

それでは早速、2019年2月14日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新176話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

富士ケ丘の戦力

富士ケ丘の取材をした玄崎記者による富士ケ丘注目選手紹介です。

西浦珠希

  • 打率:.5
  • ポジション:サード、ピッチャー
  • 防御率:3.85

碓井和隆

  • 打率:.333
  • ポジション:ピッチャー
  • 防御率:2.7

翌日登板予定の碓井が投げこんでいると、投げ込み過ぎだと河村が注意します。

そんな碓井は、これは調整だからと答えました。

珠希も加わり、3人は嫌な張りつめた空気が流れます。

そこへキャッチャーの皆浦がやってくると、間に入り、場が丸く収まりました。

皆浦純一

  • 打率:.307
  • ポジション:キャッチャー

玄崎によれば、スカウト評ならC評価とのこと。

しかし、皆浦の特徴は、高いコミュニケーション能力と知性です。

チームがバラバラにならずにまとまっていられるのも、皆浦の力による所が大きいと言います。

玄崎が予想だと、総合力では静央が上だと思っていますが、河村の前にランナーが出ることと、河村と勝負してくれるという条件が揃えば、富士ケ丘が勝つだろうと予想していました。

河村幸一

  • 打率:1

 

それぞれの覚悟

場面は変わり、文吾、袴田、真琴の3人で、上本牧の諸星と砂川の元を訪れました。

バッティング練習をしていた二人に声を掛け、文吾は先日の試合後の発言を謝罪しました。

それに対し、諸星と砂川は、わざわざ謝る為に神奈川まできたのかと大爆笑しました。

二人は、グラウンドで起きた事は、外には持ち込まないと応えます。

文吾は、帰りの電車の中、汗だくになり必死で練習している二人と、ボロボロのバッティンググローブ、使い込まれたグラブとボールの事を考えていました。

これが勝つことなのかと・・・・。

文吾は、自分たちに負けたチームの思いも背負っていることを感じました。

勝とう明日も!

俺達は勝ち続けよう!

その頃、静央のグラウンドでは、瑛太が、尾野と一心不乱に新球の練習に励んでいました。

 

感想

次相手、富士ケ丘は間違いなく強敵になりそうですね!

河村を抑える事が出来るかどうかが、ポイントになりそうですね!

諸星と砂村はとてもいい人ですね!

文吾もしっかり刺激を受けてきたようなので、次の試合が楽しみですね!


スポンサーリンク



176話『瑛太・尾野・間瀬の友情』

尾野が瑛太の改善点を指摘

新球の練習をしている瑛太から始まります。

尾野はボールを受けながらも、謙虚に改善点を指摘しています。

瑛太は、試合前日にしては投げすぎだと思うのだが、どうして止めないのかと尾野に尋ねます。

尾野は、巨大な新しい力が生まれようとする瞬間に立ち会いたいからだと応えます。

すると、そこに間瀬がやってきて同感だと言いました。

上本牧戦の文吾には鳥肌がたったが、瑛太ならそれ以上のパフォーマンスができると信じている。

すると間瀬は、この方がいい練習になるんじゃ?とバッター役をやってくれるとの事でした。

尾野も、瑛太の気が済むまで付き合うと言います。

尾野から「特別指圧(スペシャルマッサージ)」を用意しているので、最大限のリカバーを約束するとの言葉を聞き、瑛太と間瀬は期待が高まっています。

悔しそうな間瀬に、尾野は、カモミール・ローマンを用意していると完璧。

感激した二人から言葉がこぼれてしまいました。

おいおいどうしてくれるんだ? 考えられなくなるじゃないか この先・・・尾野無しの人生なんて・・・!!

 

インタビュー

一方富士ケ丘では、玄崎が注目選手にインタビューしています。

最初は珠希からです。

上本牧の真琴について意識しているのか訊きます。

もちろんと応えましたが、意識するのはシニアの全選手で、自分の目標は日本プロ野球初の女性選手だと続けて応えました。

次に河村です。

文吾に拘る理由を訊かれると感覚だよと応じます。

玄崎は、しっかり理論立てて考えるタイプの河村にしては珍しいと驚きました。

河村は、投球や打撃の理屈は確立されていないと玄崎に説明します。

更に続けて、信じられるのは自分の感性で、文吾の投球は今まで見た中で一番美しいと言いました。
次に碓井にインタビューしようとすると、しゃべるのが苦手だからとインタビューを拒否しました。

次に、皆浦に話を訊く事にしました。

皆浦は、静央とは何十回も試合してきたが河村と珠希が入り、静央に勝てると期待していると応え、いままで碓井が良い投球をしてもそれに応えるプレーが出来なかったが、ようやく報いることができるとのことでした。

関連記事:ブンゴ最新177話ネタバレ・感想「河村と家長の場外戦」

 

176話の感想

間瀬さんも登場しましたね!

この仲良しトリオを見ているとなごみますね!

こんな描き方されると特別指圧シーンが見たくなっちゃいますね!

富士ケ丘の注目選手は河村と珠希なんですね!

河村がすごいのはわかっていましたが、珠希はどうなんでしょうか?!

早く試合が見たくなりました!


スポンサーリンク



176話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ最新174話ネタバレ・感想「」

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ブンゴ ネタバレ 176話 まとめ

2019年2月14日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新176話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

仲良し3人組が登場しましたね!

3人で力を合わせて、前日も特訓している姿を見ていると、これは瑛太は何かやってくれそうな予感がありますね!

もしかしたら文吾の出番ないかもしれませんね!!

富士ケ丘の河村はもちろんですが、ピッチャーの珠希もどれだけすごいのか気になります!

次回は試合回になりそうなので、楽しみに待ちましょう!!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブンゴ ネタバレ 163

ブンゴ最新163話ネタバレ・感想「スロースターターの文吾」

ブンゴ ネタバレ 158

ブンゴ最新158話ネタバレ・感想「諸星の洞察力」

ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新173話ネタバレ・感想「ブンゴにスカウトが殺到」

ブンゴ ネタバレ 169話

ブンゴ最新169話ネタバレ・感想「監督の野田への気持ち」

ブンゴ ネタバレ 165

ブンゴ最新165話ネタバレ・感想「野田の負傷」

ブンゴ最新181話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新181話ネタバレ・感想「河村の外角への対応力」