ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話338話「鵜飼コーチと澤村のミーティングの内容」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話338話「小さな巨人決定戦」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話338話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回337話では、梟谷が勝利しましたので、また木兎さんの活躍が見れることが楽しみです。

そして、桐生さんの笑顔も、赤葦の涙も素敵な回でした!

最新338話では、ついにあの小さな巨人が登場します。

それでは早速、2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話338話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

お前と戦えて良かった

試合後の挨拶で桐生は木兎に言います。

高校最後の大会、お前と戦えて良かった。

木兎は桐生の言葉に返したのは挨拶や感謝の言葉ではなく、バレーに関することを伝えてきました。

桐生の何でもうってくるやつチョー凄かったけど、この先セッター以外の奴にももっと良い球寄こせって言っていいと思う。無理は承知でも。

桐生は木兎のバレーに対するどこまでも前向きな姿勢に感心し羨望のまなざしを送ります。

 

非情さが心地よい?

貉坂選手たちは涙を流しながら試合を振り返っていました。

臼利は桐生にただトスを上げ続けたと、キツイ状況になり桐生の負担が増えることになっても上げ続けたと涙ながらに話しました。

桐生は臼利の言葉に返します。

俺は期待されるんが怖かった。やけんど今日改めて分かった。トスが上がるけん がんばれたんや。

『強い奴らの非情さが心地よい』と桐生は思えるのでした。

そして後輩たちに想いを笑顔で託しました。

 

怖かった?

赤葦は皆から一人離れて試合を振り返っています。

怖かった、個人が敗北の要因になる事はなくても、きっかけになってしまう可能性はあった。

一人ベンチで俯く赤葦に木兎が、途中から調子を上げたものの最初は空回りしていたことを伝えました。

試合に集中できていなかったことを振り絞るように言う赤葦に木兎は理由が分かっているなら次は大丈夫だと赤葦を励します。

その言葉に赤葦は泣いてしまいました。

しかし赤葦は涙を流しながらも木兎に試合前に調子を上げるためのルーティーンについて提言をしました。

そして試合中の木兎のバックアタックについても話が及び赤葦は試合では練習でできたことをやるべきだと木兎に意見を話します。

試合内容をフィードバックして、練習で確実にしていく。いつもやっていることじゃん!と難なく言うのです。

木兎の言葉に赤葦は、今怖かったことを次は楽しいに変わるようにしようと考えを変えます。

 

”ムズカシイ”である

はしゃぎながら無茶を言う木兎に赤葦は無理だと反対します。

”ムリ”ではなく”ムズカシイ”である。

赤葦は木兎の言葉で何かに気づかされ笑顔で返事をしました。

そうですね。

かつては一人で走り続けた木兎でしたが、彼のそばには多くの仲間たちが横に居ます。

梟谷、準決勝進出!!

そのころ、試合会場では新たな試合が始まろうとしていました。

烏野 VS 鴎台

コートでは日向と星海がネット越しに対面しています。


スポンサーリンク



338話『鴎台との試合3時間前』

 

鴎台との試合3時間前のミーティング内容

冴子さんと山本あかね、灰原アリサはすっかり仲良しになっていました。

おしゃべりしながら会場へ戻る間、背後から月島兄に声をかける人物がいます。

お昼一緒に食べてすっかり意気投合してて微笑ましい光景でした。

田中サーブ強化したほうがいいってアドバイスされてて笑ってしまいました。

鵜飼コーチは鴎台戦に向けて澤村たちと打ち合わせをしています。

厄介なのは星海だけじゃなく、ブロックだと説明しました。

レベルをMAXまで上げた伊達高にユースクラスのエースが居るチームみたいな感じだな!

伊達工も注目の鴎台高校です。

伊達工には練習試合で敗けていますので、すこし不安です。

 

ずっと先にいると認めてる

澤村は既にベスト8で、魔の3日目を越えた先、準決勝に進めばセンターコートだとメンバーに言いました。

メンバー達はテンションも上がっていきます。

そんな中、影山はひとり離れた場所でノートに何かをノートに書いていました。

珍しい光景に興味が湧く潔子さん、日向はバレー日誌を書いているのだと説明します。

谷地さんは自己管理というやつですね!さすが影山くん!と感心していました。

日向は影山は自分がバレーと出会う前から、ずっとバレーボールを欠かさずに毎日してきたはずだと告げます。

友達がいないとか言ってディスりつつも、だからずっと先にいると認めてる、影山愛が伝わる良きシーンでした。

山口は次勝ったらベスト4だと緊張していました。

月島に気合の入った言葉をかけようとして噛んでしまいます。

カモゲダイのブロックがどんなに凄くても俺たちのサーブ&ブロックはぁけないっっ。

何?

吹き出して笑うふたりは本当に楽しそうでした。

烏野はウォームアップへ向かっています。

3年の3人は夕飯何食べようかと話し、盛り上がっています。

 

小さな巨人

コートへ出た日向に冴子さんが「小さな巨人」が来てると伝えてくれました。

日向は、急いで会いに向かいます。

自己紹介した後に、今はどこでバレーをしているのか聞きました。

小さな巨人はお声もかからなかったし、東京の大学ではバレーをもうしていないんだと返事をします。

まさかの小さな巨人登場しました。

ロン毛でなんか・・・大学生っぽいです。

他にやりたいことがあったとも言っていますが、なんとも切ない返事でした。

冴子は日向を逆に落ち込ませてしまったかもと心配しました。

試合が始まる直前、日向は影山につぶやきます。

何でだろ、おれ、あんまがっかりしてない。

関連記事:ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話339話「鴎台に勝利する方法」

 

338話の感想

どういうことなのでしょうか。

憧れの人だったけどバレーしてないって聞いたらすこしでもショックを受けたのかと思いましたが、そうでもないようです。

検索しても活躍しているのとか分からないとも日向は言っていましたので、その時点で察してたってことでしょうか。

いずれにせよ鴎台戦には悪影響がなさそうで何よりです。

試合中の小さな巨人の解説に期待しています。


スポンサーリンク



338話の読者の感想・考察

 

漫画『ハイキュー』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話335話「夢中」

漫画『ハイキュー』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 338話 まとめ

2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話338話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

待ちに待った小さな巨人対決がスタートする前に、なんと「小さな巨人」来ていて、彼はもうバレーをやっていないという衝撃事実が明かされました。

この事実を受け止めた上で、日向がどんな試合をするのか楽しみです。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話337話「」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話337話「梟谷VS狢坂の勝敗」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話327話

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話327話「梟谷と貉坂の試合開幕」

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 339

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話339話「鴎台に勝利する方法」

ジャンプ ハイキュー 325

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話325話「音駒戦の決着後」

ハイキュー ネタバレ 341

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話341話「鴎台のブロッカーが優秀」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話333話「」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話333話「梟谷VS貉坂の第一セット終了」