ブンゴ最新177話ネタバレ・感想「河村と家長の場外戦」

ブンゴ ネタバレ 177話
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年2月21日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新177話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は、瑛太の最終特訓をしている姿がありました。

その瑛太に付き合って練習する二人の熱い友情が見られましたね!

次の試合はこの3人から目が離せなくなりそうですね!

一方富士ケ丘の選手達も準備万端なようです!

今回は、とうとう試合が始まるのでしょうか?!

それでは早速、2019年2月21日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新177話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:ブンゴ最新刊16巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

尾野のアドバイス

瑛太は新球の練習をしています。

尾野は、瑛太のボールを受けながら、フォローしながら改善点を指摘しています。

そんな瑛太は尾野に、試合前日にしては投げすぎだと思うのだが、どうして止めないのかと尋ねます。

尾野は、巨大な新しい力が生まれようとする瞬間に立ち会いたいからだと言いました。

そんな話をしていると、そこに間瀬がやってきて同感だと割って入ってきました。

上本牧戦の文吾には鳥肌がたったが、瑛太ならそれ以上のパフォーマンスができると信じていると力強く言います。

そんな間瀬は、この方がいい練習になるんじゃ?と打席にたってくれるとの事でした。

尾野も、瑛太の気が済むまで付き合うと約束します。

さらに尾野から「特別指圧(スペシャルマッサージ)」を用意しているので、最大限のリカバーを約束するとの言葉を聞き、瑛太と間瀬は、期待が高まりました。

悔しそうな顔をしている間瀬に、尾野は、カモミール・ローマンを用意していると完璧です。

感動した二人から言葉があふれ出てしまいました。

おいおいどうしてくれるんだ? 考えられなくなるじゃないか この先・・・尾野無しの人生なんて・・・!!

 

玄崎の注目選手

その頃、富士ケ丘では、玄崎が注目選手にインタビューしていました。

始めに珠希からです。

上本牧の真琴について意識しているのか尋ねました。

「もちろん」というと、意識するのはシニアの全選手で、自分の目標は日本プロ野球初の女性選手だと続けて応えます。

続いて河村です。

文吾に拘る理由を聞くと、感覚だよと応えました。

玄崎は、しっかり理論を組み立てて考えるタイプの河村にしては珍しいと目を丸くしました。

それに対して河村は、投球や打撃の理屈は確立されていないと玄崎に説明しました。

更に、信じられるのは自分の感性で、文吾の投球は今まで見た中で一番美しいと続けて応えました。

次に碓井にインタビューしようとしましたが、しゃべるのが苦手だからとインタビューを拒みました。

最後にに、皆浦に話を聞く事にしました。

皆浦は、静央とは何十回も試合してきたが河村と珠希が入り、静央に勝てると期待している、いままで碓井が良い投球をしてもそれに応えるプレーが出来なかったが、ようやく報いることができると自信を覗かせていました。

 

感想

瑛太の特訓に熱い友情で応える二人の姿がとても素敵でした!

瑛太の活躍に期待したいですね!

富士ケ丘の選手も自信たっぷりで試合がとても楽しみになりました!


スポンサーリンク



177話『静央と富士ケ丘の試合前』

試合直前

静央と富士ケ丘の試合前に玄崎は、東光学園の近藤に挨拶しています。

そこで試合前の両チームのミーティングが興味深かったと語りました。

富士ケ丘ベンチの様子です。

珠希は、今日の打順めっちゃええですねと監督を絶賛していました。

それに対し監督は、河村の前後の打者が鍵になると考えてオーダーを決めたようでした。

碓井は、この試合に勝てるなら死んでもいいと気合たっぷりです。
次に静央ベンチの様子です。

野田監督は、現時点で最大の攻撃力を誇る打順を組んだと力説しました。

静央の強みは誰もが攻撃のキーマンになれることだ、自信を持ってスイングして来いと鼓舞しています。

近藤は、この試合に全てを懸ける富士ケ丘と、この試合の次も見据えている静央の対照的な思惑の両チームの試合が面白くなる予感しかしないとワクワクしています。

富士ケ丘シニアの打順は、

  1. 皆浦
  2. 碓井
  3. 河村
  4. 西浦
  5. 八事
  6. 塩釜口

7.8.9は写っていません。

静央シニアの 打順は、

  1. 袴田
  2. 神谷
  3. 間瀬
  4. 野田
  5. 石浜
  6. 鮎川
  7. 米村
  8. 尾野
  9. 小谷野

 

場外戦

河村がトイレへ行くと、流山シニアのピッチャー、家長太陽にバッタリ会いました。

家長は、河村を最大の脅威になると考えていて、自分の目で見ておかないととやってきたようです。

そこへ文吾もやってきました。

河村は目を輝かせながら今日の調子を文吾に尋ねました。

文吾は、今日は投げない事を伝えました。

すると河村は、あのメガネ君をめった打ちにすれば君が出ざるを得ないでしょ?と挑発してきました。

それに対して文吾は、メガネ君じゃなくて瑛太って言うんだよと言い返します。

ふたりを無視して用を足していると、河村と家長は、文吾のモノに驚きました。

そんな文吾は、手を洗いながら忠告しました。

静央の1番を背負ってる選手を甘く見ない方がいいよ 立ち直れなくなるのは河村幸一の方かも知れない・!

3人が出ていった後に、トイレの個室のドアが一つ開きました。

そこから瑛太が出てきました。

名前くらいは覚えていってもらおうか あの丸刈り君には!

関連記事:ブンゴ最新178話ネタバレ・感想「家長の野望」

 

177話の感想

打順が公開されいよいよ始まりそうな感じがワクワクしますね!

トイレでの言い合いはふざけたり真面目だったりでとても内容が濃かったですね!

しかし、このやり取りで瑛太に更に火が付いたのは間違いなさそうですね!

これは大活躍の予感です!


スポンサーリンク



177話の読者の感想・考察

 

漫画『ブンゴ』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ブンゴ最新174話ネタバレ・感想「」

漫画『ブンゴ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ブンゴ ネタバレ 177話 まとめ

2019年2月21日発売のヤングジャンプ掲載漫画『ブンゴ』最新177話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

いよいよ試合開始かと思いきや、試合直前の場外戦となっていましたね!

トイレでの言い合いはいろんな意味で凄かったですね!

そんな会話を聞いていた瑛太は闘志を更に燃やしていました!

河村はすごい打者なんでしょうが、瑛太の事は眼中にないみたいなので、甘く見ていると間違いなく河村は苦戦するのではないかと思います!

いよいよ次回は試合開始となりそうですが、休載になります。

待ち遠しいですが、楽しみに待っていましょう!!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

bungo-netabare-157

ブンゴ最新157話ネタバレ・感想「諸星の予感が的中」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ最新180話ネタバレ・感想「尾野のマッサージの効果」

ブンゴ ネタバレ 136

ブンゴ最新136話ネタバレ・感想「柿谷の過去の秘密」

ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「」

ブンゴ最新176話ネタバレ・感想「尾野が瑛太の改善点を指摘」

ブンゴ ネタバレ 162

ブンゴ最新162話ネタバレ・感想「文吾の投球力」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」

ブンゴ最新167話ネタバレ・感想「監督と野田の対立」