ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話339話「鴎台に勝利する方法」

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 339
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話339話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前話では、日向は憧れの「小さな巨人」に会って話をしていましたね。

彼の現在の状況を聞いて妙に納得した様子でした。

最新339話では、ついに烏野高校と鴎台高校の試合が始まります。

それでは早速、2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話339話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

鴎台戦に向けて

冴子さんと山本あかね、灰原アリサはすっかり仲良くなっていました。

おしゃべりしながら会場へ戻る間、背後から月島兄に声をかけてきました。

お昼一緒に食べてすっかり意気投合してて微笑ましい光景です。

田中サーブ強化したほうがいいってアドバイスされてて笑ってしまいます。

鵜飼コーチは鴎台戦に向けて澤村たちと打ち合わせをしていました。

厄介なのは星海だけじゃなく、ブロックだと話します。

レベルをMAXまで上げた伊達高にユースクラスのエースが居るチームみたいな感じだな!

伊達工も注目の鴎台高校です。

伊達工には練習試合で敗けていますので、すこし不安が募ります。

 

バレー日誌

澤村は既にベスト8で、魔の3日目を越えた先、準決勝に進めばセンターコートだとメンバーに語りかけます。

メンバー達はテンションも上がっていきます。

そんな中、影山はひとり離れた場所でノートに何かをノートに記していました。

珍しい光景に興味が湧く潔子さん、日向はバレー日誌を書いているのだと言います。

谷地さんは自己管理というやつですね!さすが影山くん!と感心していました。

日向は影山は自分がバレーと出会う前から、ずっとバレーボールを欠かさずに毎日してきたはずだと話しました。

友達がいないとか言ってディスりつつも、だからずっと先にいると認めてる、影山愛が伝わる良きシーンでした。

山口は次勝ったらベスト4だと緊張をほぐせないでいます。

月島に気合の入った言葉をかけようとして噛んでしまいます。

カモゲダイのブロックがどんなに凄くても俺たちのサーブ&ブロックはぁけないっっ。

何?

吹き出して笑うふたりは本当に楽しなシーンでした。

烏野はウォームアップへ向かっています。

3年の3人は夕飯何食べようかと話し、盛り上がっています。

 

小さな巨人登場

コートへ出た日向に冴子さんが「小さな巨人」が来てると伝えてくれました。

日向は、急いで会いに向かいます。

自己紹介した後に、今はどこでバレーをしているのか尋ねました。

小さな巨人はお声もかからなかったし、東京の大学ではバレーをもうしていないんだとまさかの返事を返します。

まさかの小さな巨人登場しました。

ロン毛でなんか・・・大学生っぽいです。

他にやりたいことがあったとも言っていますが、なんとも切ない返答でした。

冴子は日向を逆に落ち込ませてしまったかもと心配しました。

試合が始まる直前、日向は影山につぶやきます。

何でだろ、おれ、あんまがっかりしてない。


スポンサーリンク



339話『白馬の嫌味』

元祖小さな巨人に見られながら

あんまがっかりしてない、そう言った日向の呟きは、影山にも届いていました。

しかし、影山はそう言うだけで、そのままコートに向かってその場を離れます。

一方観客席では、”元小さな巨人”こと宇内天満が試合を見守っていました。

鴎台にも160cm台が居るんですね!小さな巨人対決じゃないですか!

そう驚く宇内に、明光はそうなんだよと言いながら、しかしポジションが違うことを説明しています。

さらに、月島と日向が同じMBであることを聞き、宇内は大声で驚きます。

そうして話していたふたりを、コートから発見した月島は、「元祖烏野の小さな巨人」である宇内の存在を発見したようです。

 

白馬の嫌味

そんななか、鴎台のコートでは、星海がひとり悔しそうに小さく言いました。

ここまで来るともう 誰も俺をナメねぇ…。

そう言った星海は、どうやら自分をナメてかかって、痛い目を見る人たちを楽しみにしていたのです。

だが、チームメイトたちは「欲しがりすぎ」と彼をバカにしたように話しました。

そんななか、ふと会話に入ってきた人物いました。

貶してほしいなら俺に言えよ。

そう言った男、鴎台のWS白馬は、はっきりとこう続けました。

小さい生き物より、大きい生き物の方が絶対的に優れている!

そう言った白馬は身長203cmの長身です。

完全に星海を見下ろす彼だが、星海自身はそれをあまり気にしていないようで、白馬の肩を叩きながら「そうだな」とあっさりと返しました。

もう白馬の嫌味は飽きてしまったらしいのです。

 

鴎台の情報

そんなやり取りを、対戦コートから見ていた日向は、白鳥の事を思い出していました。

初日におれにぶつかって 気付きもしなかったあいつだ…!

しかしそう言った日向に、月島は認識してないものには謝れないといつもの嫌味を言ってきました。

それを聞き、自分のサーブの時に月島の後頭部に当ててやろうかと言うと、それを聞いた影山にひどく怒られ、日向のこの冗談はすぐに終わってしまいました。

そんな騒がしいコートのなか、ひとり、ボールを拾っていた武田は、烏養から聞いた鴎台の情報を思い返していました。

鴎台は、今のところ最高が今年のインターハイで入ったベスト8。

それほど有名ではなかったのだが、短期間で確実に成績を伸ばしているという高校です。

鴎台で注目されんのはユースの星海と2mの白馬なんだけど ”超高校級の誰か”が入ったから強くなったって事じゃないんだ。

そう言った鳥養は、今の監督になってから練習方法が変わったことを語り始めました。

どうやら数年前に今の監督になってから、鴎台はブロックとサーブに力を入れ始めたらしく、今まさにそれが実を結ぶ形になっているようなのです。

それを聞いていた武田は、鴎台の監督に視線を送ります。

すると穏やかな雰囲気で、選手たちにリラックスと声をかけていました。

だがそれでも、武田は不安をかき消すように話しました。

自分達は”優勝候補”の稲荷崎を破ったのだ、と。

しかし鳥養は、その言葉に表情が変わることはありませんでした。

どんな勝利も 他の勝利の保証になどならないということを理解しているからでした。

 

勝利する方法

宮城県代表・烏野高校と長野県代表・鴎台高校の試合が始まりました。

その模様は、烏野の地元・宮城でも放送されていて、日向のクラスメイトもその模様を、滝ノ上電器店で見ていました。

彼らは、日向も荷物持ちや買い出しで行っているのではというが、予想は外れました。

「最小スパイカー対決」の注目選手として、彼らの度肝を抜く紹介をされていたのでした。

そして烏野の応援席では、冴子が気合を入れて上着を脱ぎます。

その様子を、宇内はかっこいいと驚きつつ眺めていました。

そしてコートでは、選手が集合し、鳥養の指示を伝えています。

ネット際負けんなよ!これは激励じゃねえ、条件だ、勝つための条件。

それに大声で返事をした烏野メンバーたち。

そうして気合を入れ終えたところで、試合開始のホイッスルが響き渡りました。

 

空中戦の覇者

まずは鴎台キャプテン・諏訪のサーブ。

かなり良いところを攻められ、大地がレシーブをするが、少し短かくなってしまいました。

そんなとき、ふと武田からの言葉が思い出されます。

相手は最強ブロックチームであり、ネット際の戦いは過酷なものになるだろう、と。

しかし彼らの最大の天敵は、数々の”殴り合い”を制してきた烏野以外ないだろうとも付け加えていました。

その言葉が思い出される中、上がったボールに向かって、走り込む姿が2つありました。

日向と影山です。

未だ影山がボールにすら触らぬタイミングで、ネット際で飛び上がる日向。

その様子に、鴎台が驚く中、武田の最後の言葉が頭の中で聞こえてきます。

証明してきて下さい。烏野こそ、空中戦の覇者であると。

そんな言葉に後押しされるように、飛び上がった日向の手にはボールが当たり、強烈なスパイクが打ち込まれます。

2mの壁を鮮やかに抜き去る160cmに、会場からは大きな歓声が盛り上がります。

その様子を、画面越しに見ていた伊達工は、静かに頷きました。

そして一通り喜んだあとに、日向はネット際で、自分を”認識しなかった”白鳥に、はっきりと宣言しました。

烏野高校1年、日向翔陽です!以後お見知り置きを!

関連記事:ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話340話「最小のスパイカー達の争い」

 

339話の感想

次回は鴎台からの逆襲の予感です。

日向のスパイクは見ていてスカッとしました。

身長差はかなりありますが、関係ないですもんね。

この一本を見て、恐らくしっかりと対策してくるでしょうから、ブロックの脅威を思い知らされることになりそうです。

そこをどう乗り切るのか、注目です。


スポンサーリンク



339話の読者の感想・考察

 

漫画『ハイキュー』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話335話「夢中」

漫画『ハイキュー』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 339話 まとめ

2019年2月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話339話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

日向の一発目がきれいに決まりましたね。

烏野こそ、空中戦の覇者であると証明してしていくことはできるのでしょうか。

次回の展開も楽しみです。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイキュー最終回の結末ネタバレ予想「」

ハイキュー最終回の結末ネタバレ予想「春高全国大会で優勝」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話336話「バケモノたちの行くところ」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話336話「木兎が120%の力を出す方法」

ハイキュー ネタバレ 342

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話342話「鴎台のパンチシフトの効果」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話338話「小さな巨人決定戦」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話338話「鵜飼コーチと澤村のミーティングの内...

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話333話「」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話333話「梟谷VS貉坂の第一セット終了」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話335話「夢中」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話335話「木兎の宣言内容」