プラチナエンド最新39話ネタバレ「クリーチャーを消す理由」

プラチナエンド最新39話ネタバレ「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年3月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『プラチナエンド』最新39話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

明日たちは各TV局の上空に飛び立ち、13時になると神になったらどういう世界にしたいかの説明をはじめました。

結糸はみんなが白の矢を持てればいいと話していた。

咲は皆が優しい気持ちになれて笑顔に慣れる世界と語った。

最後の明日は何もしないと宣言したのだった。

そして神候補全員の話を聞いた後、約束通り米田が皆の前に姿を現したのであった…。

それでは早速、2019年3月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『プラチナエンド』最新39話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:プラチナエンド最新刊10巻発売日いつ?表紙・特典情報も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

突然の自衛隊の撤退

お台場の上空に姿を現した神候補たち。

マスコミが大騒ぎをしている中で、明日は神候補たちに各TV局の上空へ向かうように指示を出した。

明日は台場に残り、六本木には向が向かっていた。

そして汐留には由理で、渋谷の神南には咲が、そして赤坂には修滋が、それぞれ向かったのであった。

そして、約束の13時を各々が上空で待っていた。

すると咲の元へと弓木から電話が入った。

その内容とは、神候補確保をやめ自衛隊は撤退するとの連絡だった。

ほかの候補者たちのところにも同じ連絡が入ったようだった。

しかし、なぜ同時に今だと不思議に思ているようであった。

 

神候補、それぞれの主張

約束の13時となり、明日はこれから神候補たちそれぞれが神になったら何をするのかを話すのだと説明した。

また、そうしなければ最後の神候補が出てこないと言っているのだと加えた。

明日の学校では、咲と明日が神候補であることがわかり、大騒ぎになっていた。

そしてTV局も早速、神候補たちについての報道がされる。

修滋が、まずは神になったら何をするかを発表する。

死にたい人がいつでも楽に自由に死ねてそれが称賛される世界。

由理は、働かなくて楽に生きていける世の中を作れる人に神になってもらいたいと話した。

向は塾とスマホがなくなって友達と遊べる世界と語っていた。

国民たちは、次々と神候補の意見に対し賛成や反対の反応を示していた。

米田は、まだ動く様子はなくTVの中継をずっと見つめていた。

そして向は、皆が白の矢を持てるようになればいいと続けたのであった。

咲は皆が優しい気持ちになれる笑顔になれる世界と語った。

そして最後に残った明日は…。

明日は神になったら何もしないと言うのだ。

その言葉に世間は、驚きざわついていたのであった。

 

米田登場の意味とは?

それぞれの神候補たちが、自分が神になったら何をするのかを話し終えると再び有楽町へと戻ってきた。

そして、明日は米田に呼びかける。

すると、そこへ米田が姿を現したのだ。

そんな米田は誰かの話に共感したから出てきたのでしょうか?

それとも、明日の言っていた何もしないが正解ということだったのだろうか?

その真意は、まだわからない…。


スポンサーリンク



39話『明日の前に登場した人物』

 

ついに明日たちの前に姿を現した米田

明日たちの前に姿を現した米田に修滋は米田博士だ!、本は全部読んでますと興奮気味だった。

だが米田は修滋の話を無視して、ストップウォッチを取り出した。

そして、1秒で地球を何周回れるか試したか?と訊いたのだった。

修滋は無気力な子なのかと思っていましたが、米田博士の本読んでるって好きなものちゃんとある子だったようですね。

実は知的探究心のある賢い子なのかもしれませんね。

TVを見ていた人たちは、米田博士が神候補なのかと騒ぎだしていた。

そしてTVレポーターは教授がノーベル賞、国民栄誉賞受賞の世界最高峰の頭脳の持ち主であると解説をしていた。

そして米田は自らが神候補であることを認め、神選びが事実であることを公言したのだった。

 

人間が先か神が先か

TVの前の人々は騒然となっていた。

明日は話し合いで神を決めたいと米田に伝え、米田はそれに応じます。

そして、咲が落ち着いて話せるところへ行こうと提案をする。

米田はその必要はないとし、今起きていることを世界の人々に理解してもらいたいと拒否したのだ。

そして、自らの説を伝えるので賛成できるか否か判断してほしいと言いだしたのだった。

米田は神候補の皆は肝心なことをわかっていないと言う、メトロポリマンは解っていたようだ、神の存在を信じていなかったからと言う。

明日が神は存在していないと?聞き返す。

すると米田は、想像しているような神ではなく偽りの神が存在してしまっていると続けた。

よくわからないと手毬を米田は無視して、明日に神になっても何もしないと言ったのは何故だと問いました。

明日は人間は自分たちの力で生きていくべきだと応えると、米田はそのとおりだといって5人そして人類に問う

人間が先か神が先か?

人々は問いかけに応じ、持論を展開しあうっていたが、米田は話を続けた。

138億年前宇宙が生まれ、その後地球に水ができ微生物が生まれ人間へと進化していった。

そして人間は狩りをし、穀物を育てより多くの食糧を手にできるように天に祈った。

その祈りの対象として創り出したのが神である。

人々は神は人間の創り出したものと言ってしまったらそこまでだが、実際に今神がいるというのがわからないと狐につままれたようであった。

 

クリーチャーを消す理由

神という概念は崇拝の最も理想の対象であり、倫理・戒め・感謝あらゆる教えとして人間を向上させてきたのだと米田は言う。

手毬はそこまでは理解できるが、騙されているというのはどういうことなのかと訊く。

米田は、今や神が存在していると考えない人間が増えたと言う。

自書でも霊や魂など科学で証明できないことには否定的な立場を取っていた。

しかし、神候補になったことで天使と接し神の存在をきかされ事実だと認めたのだと続けた。

確かに神とは人間が作り出したものであり、人間が先となりますよね。

存在を信じていないのなら、そう思ってもおかしくはないですもんね。

さらに米田は、人間から目に見えないエネルギーが出ているということを認めざるを得ないと言うのだ。

例えば電波も目に見えないし、ほとんどの人が説明できないものである。

だが、それと同じように人間から出るエネルギーもいずれ解明されるだろうと言うのだ。

米田は神ではなく創造した「クリーチャー」と呼ぶべきだと説明する。

クリーチャーの源は神を信じる人のエネルギーであり、昨今神の存在を信じる人が減ったため、消えそうになったので天使をたぶらかし神選びを始めたのではないかと言うのだ。

神候補から神が誕生することにより、また人々は神を信じるようになると考えたのではないだろうかと…。

私がいいたいのは神に祈る時代は終わったということだ。

米田は人間の知恵・科学・医学はどんな天変地異も乗り越え近い将来不老不死も可能にするからこそ、神などもういらないと示すべきだと語った。

話を聞いていた神候補たちと群衆は言葉を失っていた。

関連記事:プラチナエンド最新40話ネタバレ「スナイパーが結糸を狙撃」

 

39話の感想

クリーチャーのあたりまでは、よく聞く神はいない説明でしたね。

ですが、人間から目に見えないエネルギーが出てるというあたりから、かなり面白い展開になりましたね。

目に見えない、感じることが出来ない電波とか引き合いに出されると、目に見えないものの存在を認めざるを得ませんよね。

人間からも同じようなエネルギーが出てるというのは、信じてしまいそうな話です。

まだ解明されてないだけで、本当は何か出てるのかもしれませんもんね。

米田は神を信じる人を減らすことにより、クリーチャーを消そうとしているということなんですね。

天使たちは黙ってそれをやらせてしまっていいのでしょうか?

雇い主である神が、怒ってしまったりとかしないのでしょうか…。


スポンサーリンク



39話の読者の感想・考察

 

漫画『プラチナエンド』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

プラチナエンド 最新刊 10巻

漫画『プラチナエンド』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

プラチナエンド ネタバレ 39話 まとめ

2019年3月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『プラチナエンド』最新39話のネタバレ・感想をお届けしてきましたが、いかがでした?

話の展開が大きく進展したようにも思えた今回。

米田教授の語った内容は、まさに哲学と言った感じではありましたが、だからこそ”クリーチャー”を消そうという考えだったようですね。

とはいえ、こんな極論を出されてしまっては天使側としては大丈夫なのでしょうか?

”神候補”は”神”になるべく候補なわけですから、誰かに”神”になってもらわなくてはいけないわけですよね。

だからこそ米田教授の考えが、今後の展開をどう動かしていくのか楽しみですね!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラチナエンド ネタバレ 38

プラチナエンド最新38話ネタバレ「米田登場の理由」

プラチナエンド ネタバレ・感想 最新35話

プラチナエンド最新35話ネタバレ「人間が神になるには」

プラチナエンド 最新37話ネタバレ・感想

プラチナエンド最新37話ネタバレ「ムニとの交渉結果」

プラチナエンド最新41話ネタバレ「命を狙われる神候補」

プラチナエンド最新41話ネタバレ「命を狙われる神候補」

プラチナエンド 最新刊 発売日

プラチナエンド最新刊10巻発売日いつ?表紙・特典情報も

プラチナエンド ネタバレ・感想 最新34話

プラチナエンド最新34話ネタバレ「由理の脱出作戦開始」