火ノ丸相撲ネタバレ最新232話「童子切の記者会見の内容」

火ノ丸相撲 ネタバレ 232話
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新232話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回は童子切対鬼丸の取り組みでしたね!

負傷していながらも強行出場してきた童子切に対して、しっかりと鬼丸は勝ち切る事が出来ました。

さらに取組中に、童子切の意思を引き継いだ鬼丸は更に強くなったかもしれませんね!

最新回でも鬼丸の活躍が見られるのでしょうか?!

それでは早速、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新232話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【火ノ丸相撲】最新刊23巻発売日いつ?表紙の画像付きでご紹介


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

勝ちに来た

いよいよ鬼丸対童子切の取り組みがスタートしました。

いきなり童子切の強気なかち上げをくらってしまい鬼丸の上体が上がってしまいました。

鬼丸は童子切の膝の怪我を分かっていましたが、そんな怪我がどうした!相手はあの獅童だ!と全力で行くと決めました。

ワシはあんたに勝ちにきたんじゃ!

鬼丸は、童子切の顔に張り手を連打しましたが、童子切は顔をあげません。

距離を取って、鬼丸に絶対に廻しを取らせないためでした。

しかし鬼丸は、ひるまずに突き続けました。

それに対して童子切は、それに耐えながらもじわじわと鬼丸を押し出していきます。

最良のタイミングを図りつつ、土俵際に鬼丸を追い詰めていきました。

そんな鬼丸は、童子切に廻しを取られなきゃ怖くない、と思われていることをわかっていました。

しかし一方の童子切も、スマートな相撲じゃないなと周りは感じていました。

 

長門部屋

場所は長門部屋です。

取り組み前の童子切は、痛み止めを打ち、テーピングで膝をガチガチにしてくれと頼みました。

それに対し周りは、この状態じゃ無理だからと休場を指示します。

それでも出ると言う童子切に、この状態では押し込まれてしまったら残せないから無理だと周りは話します。

なら押し込まれなければいい。

そして、長門部屋で相撲を面白くするんでしょ?刃皇に向かっていくんでしょ?それに今日は鬼丸なんだ。

やつとは土俵で語りたいことがいっぱいあるんだと童子切は語っていました。

場面は土俵にうつります。

鬼丸は、童子切の怪我の状態はすぐに理解していましたが、手を緩める気はありません。

というよりもそんな余裕はなかったのです。

既に土俵際まで鬼丸は追い詰められています。

童子切の凄まじい圧力感じ、鬼丸はここで横に揺さぶるか?と考えます。

しかし、いやここで俺は強くなるんだ!超えろ!と頭突きでぶちかましていきます!

こんなんじゃねえ!思い出すんだ!あの時の感覚、体の声を聞け!と童子切に攻撃していきます。

 

童子切の意志

続いて鬼丸と童子切の対話の場面へ移ります。

童子切は、今日の勝敗次第ではこのまま出場予定だったが、俺はここまでのようだ。

今場所はお前に任せたと伝えます。

鬼丸がなんで自分に?と言うと、ファンやねんと笑顔で応える童子切。

更に場面は取り組みに変わります。

何と鬼丸は童子切を押し切っていました!

そして童子切は刃皇を倒して優勝しろと内心考えていました。

鬼丸は童子切の意志を受け取りました。

 

感想

負傷している童子切でしたが、鬼丸はしっかりと勝ち切りましたね!

土俵上での対話の場面で童子切の意思を引き継いだ所に熱さを感じました!

鬼丸はきっと更に強くなり、刃皇を倒して優勝してくれそうな気がしました!


スポンサーリンク



232話『童子切の記者会見の内容』

記者会見

九月場所を負傷の為、休場となった童子切は記者会見を行いました。

また、今場所限りで引退を表明している横綱刃皇は、童子切の取り組みで怪我を負
わせた同部屋の大包平に激怒し、力水を大包平の顔にかけてしまいました。

刃皇のその行為が横綱にあるまじき行為だと批難されてしまい、千秋楽をまたずに引退を迫られていました。

しかし、童子切は刃皇を擁護しました。

まだまだ横綱には土俵を去ってもらっては困るんです。

刃皇は未だ最強で、誰より相撲に尽くした尊敬すべき第横綱で目指し越えるべきいただきなんです。

横綱とは強さと品格を備えし者。

強いだけではあかん…でも――品格だけでも横綱にはなれんのです。

横綱を目指す我々は刃皇の強さを越えねばならんのです。

次は俺ら国宝世代の番や…! 俺らで横綱に土付けて横綱にこの国に大相撲の未来を示すんや。

だが、童子切本人は、膝の怪我のせいでどうすることも出来ません。

お前らに任せた。お前に言うとるんやで?

お前が刃皇を止めるんや!草薙!三日月、鬼丸。

童子切は精一杯、同世代を激励しました。

しかし、全勝しているにもかかわらず、大包平は、自分の名前が出なかったことに腹を立てていました。

俺じゃ…足りないってのかよ…。

 

危険な大包平

大包平は、土俵を割っていた巨兜をダメ押しして、土俵下に転落させました。

大包平は相撲内容と表情に全く余裕がありません。

次の鬼丸の相手は、満身創痍で負け越してしまっている大関百乃花でした。

すると、立ち会いで百乃花は変化しました。

しかし、鬼丸は慌てずにしっかりとおっつけて百乃花を押し出ししました。

その時百乃花は思いました。

今やめるなんてもったいないのね。僕はやめられないよ。

これから大相撲もっと楽しくなるのね。

これで鬼丸は7勝目です。

鬼丸に負けた百乃花は、負け越しが決まり、大関陥落が決定しました。

大包平と鬼丸は11日目に対戦します。

大包平と当たる鬼丸に部屋のの者たちは心配しました。

気をつけろよ火ノ丸……余裕が無ねえヤツってのある意味一番…危ねえんだ。

一方の、大包平は思い詰めていました。

結局のところ俺はまだ、何もなしていないのだ…優勝して一番になるんだ。邪魔する者は壊してでも…。

関連記事:火ノ丸相撲ネタバレ最新233話「鬼丸VS大包平戦が開幕」

 

232話の感想

童子切の記者会見とても良かったです!

託された国宝達の活躍に期待が持てました!

火の丸もしっかりと勝ちいよいよ大包平との対決ですね!

怪我なく勝ち切って欲しいですね!


スポンサーリンク



232話の読者の感想・考察

 

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

火ノ丸相撲 ネタバレ 226

漫画『火ノ丸相撲』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

火ノ丸相撲 ネタバレ 232話 まとめ

2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『火ノ丸相撲』最新232話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

童子切から刃皇に土をつける事を託された国宝達でしたが、そこに大包平の名前はありませんでした。

その事にいら立っている大包平でしたが、必死に全勝を守り、次は火の丸との一番となりました。

何が何でも勝とうとしている大包平は危険な匂いしかしませんね!

火の丸は怪我を負わず、無事に勝つことが出来るのでしょうか?!

激戦間違いなしです!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火ノ丸相撲ネタバレ最新227話「」

火ノ丸相撲ネタバレ最新227話「大包平の勝利」

火ノ丸相撲ネタバレ最新222話「」

火ノ丸相撲ネタバレ最新222話「鬼丸と草薙の間合い」

火ノ丸相撲 最新刊 23巻 発売日

【火ノ丸相撲】最新刊23巻発売日いつ?表紙の画像付きでご紹介

火ノ丸相撲 ネタバレ 208

火ノ丸相撲ネタバレ最新208話「鬼丸が集中出来ない理由」

火ノ丸相撲ネタバレ最新234話「」

火ノ丸相撲ネタバレ最新234話「大包平が自分を振り返り見つけた物」

火ノ丸相撲 ネタバレ206

火ノ丸相撲ネタバレ最新206話「柴木山親方の作戦」