ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話343話「光来が強くなる方法」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話343話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事は、2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話343話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前話では、月島たちのドンピシャブロックで、日向に続いて、星海のびっくりタイムもあっさり終了してしまいました。

月島は兄が宇内に敗れた頃から、普段は日向と接してるせいで、星海の言う「異様なチビ」には全く動じなくなってきているのかと思います。

まだ、本領発揮していない感ある鴎台は、もしかしてそろそろ一気に点が入った体での展開になるのでしょうか。

最新話では、星海の過去が明らかになります。

それでは早速、2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話343話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

月島のタイミング

烏野から飛んできた強烈なサーブを、なんとか上げた鴎台は、当然のように、光来はスパイクを決めるため、高く跳びます。

それを見ながら、月島はその一瞬で、考えを巡らせていきます。

高く跳ぶということは、長く空中にいるということは、他のスパイカーと同じようなタイミングで跳べば、先に落ちていくのはブロッカーの方なのです。

それを言ったのは、他でもない自分で、だからこそ、彼は冷静に状況を見極めようと試みました。

ブロック完成のタイミングを誤るな、そしてそう考える月島は、大声で言いました。

その月島の掛け声で、跳びあがる前衛3人。

するとそのタイミングはドンピシャで、光来のスパイクは綺麗にブロックへ当り、鴎台コートに見事返しました。

それに歓喜する山口と、日向と宇内は思わず自分だったらと息を呑んでしまいます。

ちなみに、月島はこれを、自分がコートに入ってきた時には、準備は始まっていました。

 

止められてからが勝負

タイミングさえドンピシャであれば 小学生だって田中さんのスパイクを止められる。

実は、先ほど月島が入ってきた時に田中が驚いていたのは、月島がそんなことを伝えたからでした。

そして月島は、光来を決して「必要以上に恐れる事はない」相手だと、メンバーに告げていました。

だからこそ、ブロックのタイミングだけは気をつけようとも話しています。

そしてそんなことを、烏野が思い返す中、光来は悔しそうに、烏野コートを睨みつけていました。

そう思う光来に、ふとネット越し、影山が不敵に笑いながら声をかけました。

「星海さんびっくりタイム」も終わりですね。

その言葉に、「変な名前をつけるな」と怒る光来でしたが、月島を見て悔しそうにしています。

ハン「異様なチビ」には驚かねえってか。

その言葉を受けても、月島は表情ひとつ変えません。

しかし一方で、観客席にいた宇内は、興味深そうに言いました。

でも気をつけないと 一本止められてからが勝負っスから…!


スポンサーリンク



343話『小さな巨人』

星海と宇内

星海の家族の父と兄は高身長でしたが、星海だけは背が高くなりませんでした。

鴎台の監督はちょっと落ち着けと星海に指示を出します。

月島の兄、明光は星海は宇内の高校時代の頃に似ていると話しました。

宇内はそんなにすごかったか、ユース行けたか?と反応しています。

皆宇内を頼っていたし、周りも小さな大エースだと知っていたと明光は伝えます。

宇内は照れた後、俺も自分が強いと思ってましたとつぶやきました。

宇内はちょこちょこ心の傷が垣間見えてきました。

バレーをやめるきっかけがこの後明かされるでしょうか。

 

大器晩成型

東峰のサーブは、白馬がオーバーハンドでレシーブしました。

野沢が星海へトスするも、ネットから距離ができてしまいます。

タイミングを合わせて再度ブロックに月島は合わせていきます。

星海は手の先を狙い、ブロックアウトとなりました。

烏野7 – 鴎台6

鴎台ベンチでは星海に熟練感あるという1年たちに昼神が中学時代、西中ではずっと控えだった、大器晩成チビなのだと説明しています。

 

強くなる方法

小学校2年の頃、バスケをやるつもりでしたが、兄の明友から小さいことを理由にイジワルされてバレーをやることを決意したのでした。

試合を見に行ったり、テレビでみたりして光来はどんどんバレーにハマっていきます。

しかしある日、兄が簡単にアタックを決めるのを見てショックを受けました。

光来はどうして自分だけ小さいのかと泣きながら訴えました。

母は遺伝だと笑って話します。

おじいちゃんも母も小さいからというのです。

母は大きくなる確かな方法は多分ないけど、強くなる方法はたくさんある。

この話は光来にしかしてないから、強いに一番のりだねと言いました。

 

完璧なトス

影山の強烈なサーブで試合再開します。

星海がレシーブしますが、反動で後ろに転がるもすぐに起き上がり、ネット際へ駆け寄ります。

諏訪のトスは白馬へ渡り、白馬がアタックを決めていきました。

烏野9 – 白馬8

星海の強烈なサーブを東峰がレシーブします。

そのまま鴎台に返る、星海が「入ってる!」と声をかけ、上林がなんとかレシーブします。

走り込んだ星海が白馬を呼びました。

星海は完璧なトスを上げ、白馬がアタックを決めました。

心の中で星海のトスを褒めました。

中高と県内では自分がそこそこ通用し、エースだと自覚も自信もありましたが、全国に行くと相手は更に大きく、速く、賢くなっていくのが手に取るように分かりました。

小さい代わりに技術で勝負するんだと思っていましたが、大きくても小さくても技術を磨いた奴が技術を持っていることに気づかされたのです。

世界は平等で平等じゃない。

それを星海はとっくに分かっていたのでしょう。

昼神に相変わらず全部上手いなと言われた星海は「練習してるからな」と応えて続けます。

俺は俺が弱い事をとうの昔にしっている。

 

343話の感想

星海すごいです!

トスまでできて、しかも影山が完璧と認めるトスなのです。

レシーブとアタックでもすごいのに、その上、上林にも出していて完璧ですね。

それだけ彼は努力をしてきたのでしょう。

星海は兄という存在がいて、自分が身長で大きくハンデがあるという事実に幼い頃から向き合ってきたのです。

お母さんのアドバイスで小さいことを勝てない理由にしなくなったということですね。

宇内は小さい代わりの技術って全国行くまで考えてたけど、星海はとっくに理解しているようです。

宇内は日向の引き立て役として出てきたのかと思ってましたけど、星海を引き立てる役に見えてしまいます。


スポンサーリンク



343話の読者の感想・考察

 

漫画『ハイキュー』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話335話「夢中」

漫画『ハイキュー』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 343話 まとめ

2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー』最新話343話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回は完全に鴎台ペースでした。

第一セットは烏野が取れるだろうと思っていましたが・・・わかんなくなってきました。

星海の凄さもまだまだ出で来るでしょう。

次回も見逃せません!

早く見たいところですが、次号は休載となります。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイキュー最終回の結末ネタバレ予想「」

ハイキュー最終回の結末ネタバレ予想「春高全国大会で優勝」

ジャンプ ハイキュー ネタバレ 339

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話339話「鴎台に勝利する方法」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話326話「」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話326話「梟谷と松山西商の勝敗」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話337話「」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話337話「梟谷VS狢坂の勝敗」

ジャンプ ハイキュー 325

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話325話「音駒戦の決着後」

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話327話

ジャンプ『ハイキュー』ネタバレ最新話327話「梟谷と貉坂の試合開幕」