アルスラーン戦記最終回の結末ネタバレ予想「王都エクバターナを奪還」

アルスラーン戦記最終回の結末ネタバレ予想「王都エクバターナを奪還」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、 別冊少年マガジン掲載漫画『アルスラーン戦記』の最終回はどうなっていくのか、最終回の結末ネタバレ予想を感想を交えてお届けしていきます。

田中芳樹先生の小説をコミカライズした本作ですが、その最終回はいったいどのような結末を迎えるのでしょうか。

原作の小説は31年間を経て、2017年に 全16巻で完結しています。

今現在、小説の第4巻あたりを連載している漫画版ですが、コミカライズは、第1部、つまり7巻までという情報があります。

漫画版の最終回は、小説版の第7巻のラストと考えていいのではないでしょうか。

ここでは、その仮定を前提に漫画版の最終回をまとめてみます。

それでは、別冊少年マガジン掲載漫画『アルスラーン戦記』の最終回の結末ネタバレ予想を感想を交えてお届けしていきますので、最後までご覧ください。

関連記事:アルスラーン戦記最新刊11巻発売日いつ?表紙・価格の詳細も


スポンサーリンク



漫画『アルスラーン戦記』最終回でアルスラーンに影響を与える人物は?

タハミーネ

アルスラーンは再会したタハミーネの言葉で、自分の真実を知ります。

そして、改めて、王として立つことを決意するので、彼女からの言葉がかなり強い影響力を持っていたものと思われます。

彼女の接し方を見ていれば、当然の事実だったと思いますね……。

 

漫画『アルスラーン戦記』前作の最終回のネタバレ結末はどうだった?

鋼の錬金術師

荒川弘先生と言えば、代表作の『鋼の錬金術師』が有名ですね。

亡くなった母親を甦らせようとしたエルリック兄弟が人体練成に失敗し、それぞれ大きな代償を背負わされます。

肉体を取り戻すために、賢者の石を探し求め、ホムンクルスと戦うファンタジー作品の最終回は、高く評価されたものでした。

ホムンクルスのラスボスと戦いで、失った右手を弟のアルの魂を解除することで練成し、生まれた場所へ帰すことに成功したエド。

失ったアルを取り戻すため、エドは最後の練成で真理の扉へ向かい、無事にアルを取り戻します。

それからは、それぞれのキャラが新しい人生を歩んでいくという大団円となっています。

 

最終回の感想

最終回のお手本のような素敵な結末でした。

読んでいて応援しているファンが納得のいくラストってなかなか難しいと思いますが、この作品は大満足なラストだったと言えます。

本作は原作ありきなので、オリジナルでのラストは考えにくいと思われますが、演出や切り取り方次第で、荒川先生色が強く出るのではないかな、なんて思います。


スポンサーリンク



漫画『アルスラーン戦記』最終回までの未回収の伏線とは?

原作の小説版第7巻のタイトルは、『王都奪還』。

つまり、王都エクバターナを巡る最後の決戦が描かれると思われます。

ここでは、その第7巻のあらすじを追ってみました。

 

サハルード平原の会戦

パルス軍約100,000対ルシタニア軍約210,000は、白兵戦に突入!

兵士の練度や戦意が上回るパルス軍が優勢、逃亡者も出始めたルシタニア軍ですが、ギスカールが督戦隊を出し、発破をかけます。

しかし、反撃を耐えたパルス軍が勝利し、ギスカールと残った兵士は撤退しました。

死者数はパルス軍が約7,200、ルシタニア軍の死者は約42,500と、パルス軍の圧勝という結果に。

 

王都奪還

ギスカールがアンドラゴラスと戦っている間に、ヒルメスは王都エクバターナの地下道へザンデを送り込み、内側から城門を開けさせて入城しました。

王都のルシタニア兵10,000は、ヒルメス軍30,000と蜂起した100万ものエクバターナ民衆に倒され、ヒルメスが王都を完全に掌握します。

民衆の前で自身が正統の王であること、アンドラゴラスが簒奪者であることを熱く訴え、民衆の支持を得ることができたヒルメス。

しかし、宝物庫の財宝がギスカールによって持ち出されていることを知り ──。

 

第二次アトロパテネ会戦

ギスカール率いるルシタニア軍を討つことにしたアルスラーン軍は、アトロパテネ平原へ。

アルスラーン軍25,000対ルシタニア軍100,000の最後の戦いの幕が切って落とされました。

圧倒的優勢でルシタニア軍を追い詰め、副将モンフェラートを討ち取ったことで勝利を確定させたアルスラーン軍。

ギスカールはアルスラーンの捕虜になり、死を覚悟しますが、ナルサスの策により解放されます。

すべてを失った失ったギスカールは、西北マルヤム王国へと去っていきました。

 

告げられた真実

王都エクバターナのアンドラゴラス軍とヒルメス軍の戦いでは、一旦休戦とし、ここで設けられた会談で、ヒルメスは衝撃の事実を知ります。

アンドラゴラスの甥ではなく、弟だったというヒルメス。

一方のアルスラーンも、王妃タハミーネと再会することができ、実子ではないため王位継承権がないことを知ります。

しかし、デマヴァント山で宝剣ルクナバードを手に入れ、まことの王となることを決意して、デマヴァント山へと向かうのでした。

 

アルスラーンVSヒルメス

苦難を乗り越え、宝剣ルクナバードを手に入れたアルスラーン。

一方、王都ではヒルメスが第十八代パルス国王として戴冠式を行い、ルシタニア国王イノケンティス七世を処刑しようとします。

そこに地下水道から侵入したアルスラーンが現れ、ヒルメスに王位を渡すように促します。

その頃、民衆が蜂起し、城内へと突入してきました。

食料を配りながら、アルスラーンの名を知らしめ、人身掌握をしていきます。

アルスラーンとヒルメスの一騎打ちは、アルスラーンが勝利しました。

 

アンドラゴラスの最期

そこに現れたアンドラゴラスは、アルスラーンに宝剣ルクナバードを渡すように言いますが、アルスラーンは自分を奮い立たせて抗います。

対峙する2人の隙をつき、イノケンティスが後ろからアンドラゴラスを拘束、その身を引きずって塔の窓から身を投げました。

アンドラゴラスの死により、パルス全軍は王太子アルスラーンの指揮下に。

燃え尽きていたヒルメスはイリーナとともに、ひっそりと城を後にします。

エルメスを見送ったアルスラーンのもとには、『解放王アルスラーンの十六翼将』と称される戦士のうち、15人が揃っています。

ここから『解放王の御代』が始まるのでした。


スポンサーリンク



漫画『アルスラーン戦記』最終回に対するSNSの声をチェック!

 

漫画『アルスラーン戦記』最新刊を電子書籍アプリで今すぐ読むには?

アルスラーン戦記 最新刊 10巻

漫画『アルスラーン戦記』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

>>公式サイトはこちら<<

 

アルスラーン戦記 最終回 ネタバレ 予想 まとめ

別冊少年マガジン掲載漫画『アルスラーン戦記』の最終回はどうなっていくのか、最終回の結末ネタバレ予想を感想をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

原作のラストは、ファンにとってはあまり評判が良いものではないので、第7巻の『王都奪還』までを漫画で読みたいという声も多いみたいですね。

荒川先生が、漫画らしい終わり方をされてくれると期待しているのですが、大団円で切り取っていただければ、なんて思います。

人の一生は、行きつくところは死なので、そこまで描かずに最高潮の部分で終わったほうが読後感が良いと思うので……。

そんなことを考えつつ、漫画版の結末がどうなるのか、本当に楽しみにしています!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルスラーン戦記 最新刊 11巻 発売日

アルスラーン戦記最新刊11巻発売日いつ?表紙・価格の詳細も

アルスラーン戦記 全巻無料

【アルスラーン戦記】全巻無料をzip・rarダウンロード以外で読めるアプリは?

アルスラーン戦記 ネタバレ 67話

アルスラーン戦記ネタバレ最新67話「ダリューンがチャスーム城を攻略」

アルスラーン戦記ネタバレ最新69話

アルスラーン戦記ネタバレ最新69話「聖マヌエル城へ進軍するパルス軍」

アルスラーン戦記 ネタバレ 63

アルスラーン戦記ネタバレ最新63話「クバードが指揮官を討つ」

アルスラーン戦記 ネタバレ 64

アルスラーン戦記ネタバレ最新64話「銀仮面の正体が判明」