ママレードボーイ最終回の結末ネタバレ!その後はどうなる?

ママレードボーイ最終回の結末ネタバレ&その後の展開
スポンサーリンク
Pocket

りぼんで掲載されていた漫画『ママレードボーイ』最終回の結末ネタバレとその後の展開についてラストまで読んだ感想と共にお届けしていきます。

ママレード・ボーイは今から20年前に連載され、アニメも含めその世代を生きてきた人たちからすれば非常に思い出深い作品です。

当時大人気だったママレード・ボーイですが、最近では続編であるママレード・ボーイlittleが連載されたり、20年の時を経て実写映画化されるなど今なお愛される作品です。

というより、電子書籍などの普及により過去の作品に触れやすくなったり、過去の作品が再注目されやすくなったのものも一因かもしれません。

そんな不朽の名作漫画『ママレードボーイ』最終回の結末ネタバレとその後の展開についてラストまで読んだ感想と共にご紹介していきますので、最後までご覧くださいね。


スポンサーリンク



漫画『ママレードボーイ』最終回の結末ネタバレ・感想

突き放す遊

ママレード・ボーイはある日突然両親からの離婚を告げられ、パートナーを交換しての再婚という無茶苦茶な離れ業をやってのけた両親Sによって、小石川光希と松浦遊と家族になるところから始まります。

やがて、光希と遊はお互いに惹かれあいますが、光希と遊が実の兄妹であるという衝撃の事実を知った遊は光希の事が好きでいましたが、光希と別れ別々の大学に進み距離を置くことにします。

しかし、光希は遊の事が忘れられず、遊もまた光希の事を忘れられずにいました。

光希は遊に会いに京都へと向かいますが、遊は新しい彼女が出来たと断腸の思いで光希を突き放します。

 

兄妹だったから

夏休み、実家に帰った遊は明るく振る舞う光希を見て、自分の事を吹っ切ったのだと思います。

しかし、光希の気持ちは変わっていませんでした。

光希は遊に言います。

「片思いでいいから好きでいさせて」

しかし、それは許されることではない。遊はそれではいけないと光希に言いますが、光希はそれでも考えを変えません。

「あたしだって勝手に好きでいるから」

そう言って話を打ち切ろうとしますが、それまで明るく振る舞ってきた光希は涙が堪えられなくなっていました。

涙を流す光希を見て、遊も自分を抑えきれなくなります。遊は光希を抱きしめ、自分も光希の事が今でも好きだ、でもそれはいけないことだと光希に言います。

そしてついに、自分と光希が血の繋がった兄妹であることを話します。

 

衝撃の真相、そして

あまりにも残酷な現実、光希は遊がその事実を知っていたからこそ、自分を突き放していたことを知ります。

二人は最後に二人きりで旅行に行くことにします。それで全てを忘れようと…

しかし、それは出来ませんでした。二人で過ごしているうちに離れたくない気持ちはさらに大きくなっていきます。

そして、恋人として過ごす最後の日。光希は涙を浮かべて遊に抱き付き、遊は自分の部屋に引き入れて光希とキスします。

遊はある決意を固めます。

それは光希と結婚すること。様々な障害や倫理的な問題があるし、両親たちからも許しては貰えないかもしれない。それでもあきらめることはできなかったのです。

二人は両親たちと話し、光希と結婚することを告げます。そして、自分たちが実の兄妹であることも。

しかし、両親たちからはさらに衝撃の事実を伝えられます。

過去に千弥子が仁と付き合い妊娠していたのは本当の事。しかし、誤解や行き違いから仁や留美とも喧嘩してしまい、仁にそのことを告げる前に仁は留美を連れて留学。

結局、その子は流産になりその後に要士との間に生まれたのが遊だったのです。

つまり、遊は正真正銘要士と千弥子の子供だったのです。

お互いを好きでいていい、その事実を知った二人は両親の目も前だというのに抱きしめ合います。

 

最終回を読んだ感想

やっぱり不朽の名作ですね。今となっては結構ありふれた設定にも感じられますが、それでもやっぱり切なくて最高に面白い作品でした。

実はこのママレード・ボーイ。

光希と遊は実の兄妹であり、最後は結ばれないエンディングを考えていたそうですが、それだと両親がヤベェ連中になるわけだしここまでやって最後は結ばれないという展開もどうかと作者は思ったそうです。

そして、その思ったことを編集にぼそりと言ったところ。「シャレになりませんよ!」と言われたそうです。

そりゃそうなるよね。

どんな形であれ、気持ちよく終れる作品がいいと思います。


スポンサーリンク



漫画『ママレードボーイ』その後が描かれた作品『ママレードボーイlittle』とは?

ママレードボーイlittle

ママレード・ボーイの続編として、前作の13年後を舞台にしたママレード・ボーイlittleが2013年から2018年まで連載され、全7巻まで発行されています。

再婚した両親Sに生まれた前作の光希と遊の妹、弟にあたる立夏と朔の二人を主人公とした作品で前作のキャラと縁のあるキャラクターが何人か登場します。

 

アホの子立夏

ちょっと(だいぶ)かわった家庭に生まれた松浦立夏は優しい両親二人組と兄と姉に囲まれて幸せに暮らしていました。

でも、ちょっと脳タリンの立夏は自分の家庭が複雑であることを全く理解していませんでした。

で、立夏に対して聡明な朔は自分の状況を理解していました。朔は血の繋がらない家族に混乱する立夏を元気づけ、立夏はちょっとごちゃごちゃしてるけどみんな仲良し家族と思う事にします。

それから月日は流れ…立夏と朔は12歳。中学生になっていました。

 

朔の思い

中学に上がった立夏は美形の少年、前作に登場した名村と茗子の子供である名村碧に一目惚れします。

碧は美形で成績もいい優等生でしたが、立夏は朔はさらに成績のいい優等生だと分かって驚きます。

朔は学校一の美少女と名高い笹宮レナに気に入られ、立夏に朔との関係を聞かれます。立夏はきょうだいみたいな関係と言いますが、それを聞いていた朔は立夏に「立夏をきょうだいとおもったことなんか一回もない」と言います。

立夏は朔が今日の今までずっと立夏を女の子としてみていたことを知ります。

 

ママレードボーイlittleの感想

あのママレード・ボーイの続編が出ていた!?

そう出ていたんです。ママレード・ボーイを読んでいた頃を思い出してそれだけで涙が出てきますね。

続編のリトルも相変わらず引き込まれる内容なので、前作を読みなおしたいと思ったら是非ともセットで読んでみてほしいです。


スポンサーリンク



漫画『ママレードボーイ』最終回ネタバレに対するSNSの声は?

 

漫画『ママレードボーイ』最新刊を今すぐ読むには?

ママレードボーイ 最終回 その後

漫画『ママレードボーイ』最新刊を今すぐ無料で読むならU-NEXTがオススメ!

U-NEXTは、映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。

何にせよ、現在31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。

>>公式サイトはこちら<<

 

利用する価値あり?利用者の口コミは?

 

>>公式サイトはこちら<<

 

ママレードボーイ 最終回 その後 まとめ

漫画『ママレードボーイ』最終回のネタバレとその後の展開についてラストまで読んだ感想と共にお届けしてきましたが如何だったでしょうか?

20年以上前の作品ながら今なお根強いファンが存在するママレード・ボーイという作品ですが、実は続編が出たり実写映画化したりと再注目されています。

過去の作品だからちょっと古臭くてと思うかもしれませんが、今読み返してもやっぱり面白いです!

昔やってたのは知っているけど見たことはない人だったり、世代が違うから全く知らない人でもきっと楽しめる古き良き作品なので是非読んでみてください!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メジャー 最終回 その後

メジャー最終回漫画の結末ネタバレ&ラストまで読んだ感想

ルーキーズ 最終回 その後

ルーキーズ最終回の結末ネタバレ!その後の展開はどうなる?

デビルマン 最終回 その後

デビルマン最終回漫画の結末ネタバレ!その後の展開は?

少女終末旅行 最終回 その後

『少女終末旅行』最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?

『ひるなかの流星』最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?

『ひるなかの流星』最終回のネタバレ!残念な結末からのその後の展開は?

のだめカンタービレ 最終回 その後

のだめカンタービレ最終回漫画の結末ネタバレ!その後の展開は?